アウターブランディングとは?インナーブランディングとの違いや事例を紹介

アウターブランディングとは?インナーブランディングとの違いや事例を紹介

マーケティング・販促

企業のブランディング戦略は、その対象の違いからアウターブランディングとインナーブランディングに分けられます。では、アウターブランディングとは具体的にどのような取り組みで、どんな効果が見込めるのでしょうか? この記事では、アウターブランディングとは何か、インナーブランディングとの違い、効果などを解説し、具体的な事例を紹介します。

 ブランディング3つのステップ

アウターブランディングとは

アウターブランディングとは、社外(顧客や取引先、投資家、一般消費者など)を対象としたブランディングです。

ブランディングとは、ブランド力や価値を高めるための戦略であり、自社のブランドや商品、サービスについて良いイメージを定着させる取り組み全般を指します。

こちらもCheck!

ブランディングに関する詳しい解説は下記のコラムでご覧いただけます。

ブランディングとは?意味や目的、成功のポイントを解説

アウターブランディングとインナーブランディングの違い

アウターブランディングとインナーブランディングは対となる概念です。その違いや関係性を解説します。

インナーブランディングとは

インナーブランディング社内に向けたブランディングであり、自社の企業理念やブランドの価値などを企業内に深く浸透させる取り組みです。社内の求心力を高めながら全従業員に同じ目標を示し、高い意識を持って業務を遂行できるように促します。

インナーブランディングが成功すれば、社員はブランドに対して誇りを持ち、自律的に仕事に向き合うことができるようになります。その結果、顧客満足度が向上して競争力が高まり、企業の体質が強化されます。

こちらもCheck!

インナーブランディングについての詳しい解説は下記のコラムでご覧いただけます。

インナーブランディングとは? 目的、手法、事例を解説

アウターブランディングとインナーブランディングの関係

アウターブランディングは自社のブランド価値を外向きに拡散させる取り組み、インナーブランディングは内向きに浸透させていく取り組みと言えるでしょう。

本来は、ブランディングといえば社外向けの取り組みを指していました。しかし、企業の内部におけるブランディングの重要性が認識されるようになると、インナーブランディングの考え方が注目されるように。そして、インナーブランディングと対比される形で、アウターブランディングの考え方が派生したのです。

ですから、アウターブランディングとインナーブランディングは情報発信の対象が異なるだけで、同じひとつのブランド像を伝えるものであり、ブランディング戦略を推進する車の両輪と位置付けられます。

アウターブランディングの効果

アウターブランディングで得られる主な効果として、以下のようなものが挙げられます。

認知を拡大できる

アウターブランディングによって、広くブランドを知ってもらうことができます。ブランドのポジティブな価値が広く認知されると、商品やサービスを初めて購入、利用する際の心理的なハードルが下がり、新規顧客を獲得しやすくなります。

競合と差別化できる

競合がある場合、良いブランドイメージを持たれている方が消費者から選ばれやすくなります。また、ブランド価値に明確な差があれば、価格が多少高くても選ばれることが可能です。その結果、価格競争に巻き込まれずにすみ、収益が確保しやすくなります。

中・長期的、安定的な成長を見込める

商品やサービスを購入、利用した際の成功体験とブランドメッセージが顧客の中で結び付くと、顧客ロイヤルティ(信頼・愛着)が高まり、リピーターや優良顧客の増加につながります。

こうした既存顧客との関係性の強化によって、中・長期的な利益確保の見込みが立ち、成長の基盤を築くことができます。

アウターブランディングの進め方

次に、アウターブランディングの進め方を簡単に紹介します。

環境分析

まず、市場環境を調査・分析し、自社の持つ資源や強みを明確にします。この分析を踏まえ、ブランドを訴求するターゲットを絞ります。そして、他社と差別化でき、自社が優位に立てるブランド価値を見つけます。

ブランド・アイデンティティとブランド要素の決定

ターゲットに訴求すべきブランド価値を、言葉やビジュアルに落とし込みます。

ブランド・アイデンティティとは、「どういうブランドとしてイメージしてほしいのか」を明確に伝える言葉のことです。

ブランド要素とは、ロゴやキャッチコピー、色、キャラクター、パッケージなどを指し、ブランド・アイデンティティをシンボル化やデザイン化して表現します。

ブランドの訴求

ブランド・アイデンティティとブランド要素をあらゆる外部との接点に反映させ、統一したブランドメッセージを訴求します。

アウターブランディングのツール

外部との接点となるブランディングツールの主な例を紹介します。

  • 商品パッケージ
  • 看板
  • 店舗(外装、内装)
  • Webサイト
  • SNS
  • 広告
  • イベント(オンラインイベント含む)
  • 営業ツール、PRツール、IRツール(パンフレット、小冊子、ニュースレター、企画書、報告書など)
  • 名刺、封筒

アウターブランディングを成功させる3つのポイント

アウターブランディングを成功させるための3つのポイントを紹介します。

ブランドコンセプトを徹底的に絞り込む

ブランドのコンセプトとは、ブランドの価値・本質を表現するものです。

自社のブランドや商品、サービスは誰にどんな価値を提供するのか、ターゲットからどんな価値が求められているのかを明確にし、徹底的に絞り込むことで、他社にはない唯一無二のブランドを確立できます。

こちらもCheck!

ブランドコンセプトについての詳しい解説は下記のコラムでご覧いただけます。

ブランドコンセプトとは?作り方や作成のポイント、事例を紹介

多彩なチャネルを通じて、一貫したコミュニケーションを行う

アウターブランディングでは、広告、販促、広報、採用といった社外とのあらゆる接点において、統一的かつ計画的にコミュニケーションを行うことが重要です。

例えば、営業担当者が話す内容と、顧客の手元にあるパンフレットの内容が異なれば、信頼性が揺らぎます。こうしたチャネルによるズレは、ブランドの訴求力を弱めます。対外的なコミュニケーションには、厳密な統一性が求められます。

インナーブランディングと連携させ、好循環を生む

外部への窓口となる従業員の意識がインナーブランディングによって高まると、アウターブランディングの効果が高まります。また、外部から持たれる自社のイメージが向上すれば、従業員の誇りやモチベーションがさらに高まるという好循環が得られます。

アウターブランディングとインナーブランディングを連携させることで、相乗効果が期待できます。

アウターブランディングの成功事例

最後に、アウターブランディングに成功した企業やブランドの事例を紹介します。

商品や自社に触れない広告で、自社の革新性を強力にアピール[Apple社]

革新的な発想と洗練されたデザインの商品で絶大な人気を誇るApple社は、1997年から2002年まで「Think Different.」という広告キャンペーンを展開しました。

このキャンペーンでは、商品や自社には一切触れず、アインシュタインやガンジー、ピカソといった既存の常識を覆し、新たな時代を切り拓いた偉人の写真を掲載。「世界を変えられると本気で信じている者にだけ世界は変えられる」というメッセージを発信し、共感を呼びました。

このキャンペーンから20年以上がたちますが、Apple社は常に「次はどんな商品を発売するのか」という期待を持たれ続けています。既存の概念を超える、革新性のある企業というブランドイメージが、深く浸透しているのです。

白と黒のボトルが伝える、ナチュラルなブランドの個性[BOTANIST]

株式会社I-ne(アイエヌイー)という企業名は知らなくても、BOTANISTというヘアケアブランドは知っているという人は多いのではないでしょうか?

2015年に誕生したBOTANISTは、大手の競合がひしめくヘアケア製品のなかで、「植物と共に生きる」というブランドメッセージを強力に打ち出して成功したヒット商品です。

植物由来の成分にこだわり、ナチュラルさとテクノロジーのバランスを追求した商品と印象的な香り、白地に黒いブランド名を表記したボトルは、多くのカラフルな商品が並ぶ売り場でひときわ目を引き、シンプルさやナチュラルさといったブランドの個性を伝えています。

同社では、植物と共に生きるための活動として環境負荷の低い商品づくりや森林の保全にも取り組み、積極的に情報発信もしています。

自社の価値を深く掘り下げ、揺るがないアウターブランディングを目指そう

アウターブランディングを通して社会における自社のブランド価値が高まれば、中・長期的な成長が期待できます。アウターブランディングを成功させるには、自社の強みは何か、顧客は自社にどういった価値を求められているのかを掘り下げなくてはなりません。そして、そのなかから導いた企業メッセージを、あらゆる場面で揺らぐことなく発信し、自社への認知と信頼を高めていきます。

図書印刷では、ブランディングについて詳しく解説したeBookを無料で提供中です。下記からダウンロードしていただけます。

ブランディング実践のポイント

ブランディング3つのステップ

商品ブランディング事例集

参考:

検索