商品紹介動画で魅力や機能をわかりやすく伝えよう

商品紹介動画で魅力や機能をわかりやすく伝えよう

マーケティング

スマートフォンが広く普及した現在、YouTubeなどの動画配信サービスやSNSでの動画の視聴は、気軽で日常的なものになりました。今や、商品の紹介を動画で行う企業もめずらしくありません。この記事では、ユーザーにわかりやすく商品を説明できるツールとして注目される商品紹介動画について解説します。

商品紹介動画とは?

商品紹介に効果的な動画の特性

動きと音で表現する動画は、写真や文字のみの画面や書面よりも伝えられる情報量が多いという特徴があります。単に大きさや色、デザインを見せるだけでなく、その商品が動いている様子や、実際に使われているシーンを音声と動きで表現できるため、商品の特徴や長所をビビッドにわかりやすく伝えられるのです。

また動画には、目を引きやすく印象に残りやすいという特徴もあるため、商品を消費者に「知ってもらう」ためのツールとしても高い利用価値があります。

商品紹介動画は認知拡大からアフターフォローまでカバー

商品紹介動画には、潜在顧客に商品を知ってもらうための動画、商品についてわかりやすく解説し理解を深めてもらうための動画、商品を直接手に取ってもらうための販売促進用の動画というように、目的に応じてさまざまなものが作られています。

商品のプロモーション動画だけでなく、取扱説明や利用マニュアルを動画でわかりやすく見せる「マニュアル動画」「ハウツー動画」も商品紹介動画のひとつといえるでしょう。

 

商品紹介動画、4つの活用シーンとメリット

それでは、商品紹介動画の具体的な活用シーンやメリットを紹介しましょう。

WEB広告、展示会やイベントで認知度アップ

商品紹介動画は、インターネット広告やデジタルサイネージ広告のコンテンツとして活用されます。YouTubeで公開し、相性のいいSNSと組み合わせれば宣伝効果を高めることが可能です。動画を閲覧したユーザーがSNSでシェアをしてくれれば広告コストが発生することなく情報拡散が期待できます。

商品の認知度を上げ、新たな顧客を開拓するための展示会やイベントでは、いかに短時間で商品の良さを伝えられるかが勝負です。そんなときにも動画が活躍します。インパクトのある演出によって来場者の目を引き、多くの情報をわかりやすく伝えて、商品の特長を印象づけることも可能です。

カタログや資料より理解されやすい

多くのテキストを読みこなすには時間も集中力も必要ですが、ポイントを絞った動画なら、見た人の頭に入りやすく理解を促進できます。また、カタログや資料を何ページも読むよりも、その商品が使われている様子を動画で見た方が、その商品を素早く直感的に把握できるでしょう。

時間の限られる商談の場でも、リアルな映像や動的なグラフィックを使ったコンパクトな動画を活用すれば、わかりやすく説得力の高いプレゼンが展開できます。

商品を動画でさまざまな角度から紹介したり、利用方法を適切に説明し、商品購入前に商品への理解を深めてもらうことで、「思っていたものと違う」「予想より使いにくい」「実際に使ってみると操作がわかりにくい」といった購入後の不満をなくすこともできます。販売者と消費者のギャップをなくし、顧客満足度の低下を防げるのです。

商品のすぐそばで流す紹介動画は販売に直結

アメリカのAnimoto社の調査によると、「動画を見たことで購買意欲が高まった経験がある」と回答した人が73%にも上ります。これは販売促進における動画のポテンシャルを表しているといえるでしょう。

最近、スーパーなどの陳列棚に小型のデジタルサイネージが設置され、商品紹介動画が流れているのをよく見かけます。化粧品の棚ではコスメの新商品を紹介する動画、食品のコーナーにはPRしたい食材を使ったレシピ動画などが、繰り返し再生されています。動画を見かけて関心を持ったそのとき、その場に当の商品があり、すぐ手に取ることができるのは大きな強みです。購買に直結する販促ツールとしても動画の活用が進んでいるのです。

わかりやすいFAQや取扱説明書としても

顧客から寄せられる疑問や質問に答えるマニュアル動画をホームページに掲載しておくのも、商品紹介動画の良い使い方といえます。商品の使い方やお手入れ法、トラブルの解決法など、よくある質問に対する回答をまとめたFAQとして、また、いつでも参照できる取扱説明書としても動画はとても役に立ちます。商品の組み立て方、消耗する部品の交換、メンテナンスや保管方法などは、テキストや図解で説明されてもなかなかピンとこないものです。実際に現物を手元で操作している動画で説明された方が、わかりやすくきちんと伝わります。

 

商品紹介動画を作る際の4つのポイント

動画の目的や配信先にあわせた見せ方を意識する

商品紹介動画を作成する場合は、商品のどのような点を伝えたいのかを明確にし、ユーザーや潜在顧客の視点に立って、どのように表現すれば必要な情報が届くかどうかを意識しましょう。

商品の認知拡大や販促を目的とした動画では、視聴者の興味を引くためのインパクトと、短い時間で商品の魅力をしっかり伝えることが大切です。一方で、商品理解を促す動画やマニュアル動画では、商品に関する情報をいかにわかりやすく的確に見せるかに重点が置かれます。

動画を配信するプラットフォームや使われる端末によっても、動画の作り方は変わってきます。宣伝を流す街頭のビジョンなのか、陳列棚に置く小型ディスプレイなのか、あるいは商談で使うタブレット、企業のホームページを閲覧する個人のPC、SNSを見るスマートフォン…というように、動画を再生するデバイスはさまざまです。広告出稿先によっても求められる動画のサイズは異なります。目的にあった配信先を選択したら、その特徴やサイズに適した制作プランを立ててください。

情報がユーザーに届く、適切な長さを見極める

冗長な動画は商品紹介にも不向きです。一般的に、長すぎる動画は飽きられやすく、特にスマートフォンで見られる動画の場合はその傾向が顕著です。ですからSNS用の動画は、短い時間内に要点を絞って訴求することが重要になります。街中や店頭・店内など、通り過ぎる人を対象とした動画もまた、コンパクトにまとめたいところです。

ただし、短すぎて必要な情報を伝えられなければ意味がありません。30秒以内や15秒以内というように、動画の適切な長さに関する研究や調査はさまざまですがが、長くても60秒で抑えましょう。また、冒頭の3秒以内に視聴者を引き込むインパクトがあると、そのまま見てもらえる可能性が高まるといわれています。

一方で、商談やプレゼンで商品説明に使う動画や、顧客向けのマニュアル動画では、そこまで長さにこだわる必要はありません。まずはわかりやすさを優先するのがよいでしょう。

テロップやナレーションを効果的に使う

テロップやナレーションを効果的に使いましょう。映像を補完するテキストや音声など「言葉」の情報は、商品を認識し理解してもらううえで大変重要です。特に、認知度の低い商品名や専門用語などには、必ず付与したいものです。

クオリティーを重視するなら、プロに頼むという選択を

美しくクリアな商品の映像やセンスの良い撮影方法、興味を引く展開など、動画のクオリティーは高い方が良いといえます。商品に対して、よりポジティブな印象を持ってもらえるからです。特に最近は動画を見慣れているユーザーが多く、その分、動画を見る目も厳しくなっています。

動画は撮影も編集も、スマートフォンや手ごろなソフトで気軽にできる時代になりましたが、大切な商品を紹介するクオリティーの高い動画を、手作りで実現するのは簡単ではありません。専門的な技術や機材、ソフトウエアなどが必要になり、コストも時間もかさんでしまうからです。

どうしようかと悩むのであれば、豊富な経験があり、ノウハウを持つプロフェッショナルに相談するのも良い選択です。企画の段階から相談に乗ってもらうことで、上質な動画づくりにつながります。

 

商品紹介動画で魅力をわかりやすくアピール

動画には人目を引きやすく、印象に残りやすく、短時間で多くの情報をわかりやすく伝えられるという性質があります。商品紹介に適したこのような特長があるからこそ、商品認知から販促、アフターサポートまでのさまざまな場面で商品紹介動画の活用が進んでいるのです。自社の大切な商品をもっと広く知ってもらい、その良さをアピールするために、ぜひ動画の導入を検討してみてください。

図書印刷では、わかりやすく印象に残る商品紹介動画の制作サービスを提供しています。今後のプロモーション戦略に欠かせない動画づくりを支援いたします。

商品紹介動画の事例はこちら

当社の動画制作の最大の特長は、ひとつの企画から動画も紙も同時に制作「カミ!動画」サービスです。動画と紙の相乗効果を狙えるだけでなく、お客様の発注業務のご負担の軽減にもつながります。サービスの詳細は下記のページをご覧ください。

図書印刷の動画制作 ‐作るだけでは終わらない「カミ!動画」。効率的なクロスメディア展開も含めて一括サポートいたします‐

bn_videoLP_800x220.jpg

参考:

検索