大手化学会社様「伴走型サポートで企業ブランドを再構築」

製造・メーカー

大手化学会社様 大手化学会社様

同社は事業の多角化に伴い、企業ブランドの再構築が課題になっていました。
図書印刷は、お客様自らの手でブランドの課題発見から価値再構築を行うワークショップ形式のブランディングを提案しプロジェクト化。
伴走しながらブランディングの改善を推進しました。

課題

企業ブランドの再構築を行いたい

  • 事業の多角化が進む中で、企業ブランドのリブランディングや、広報力の強化が必要。
  • 未来に向けて、核となるコンセプトの再設定を、社員が中心となって行っていきたい。

解決策

ワークショップを軸にした伴走型ブランディング支援サービスを提供し、リブランディングのプロジェクトを推進

  • 図書印刷は、同社のリブランディングプロジェクトのスタート段階から裏方として参加。
  • 「ブランディングワークショップ」を開催し、半年間の時間をかけてお客様と共にグループコンセプトを取りまとめ。
  • 取りまとめたコンセプトに基づいて、インナーブランディングとアウターブランディングを強化するコンテンツやツールを制作。
    【インナーブランディング】
    新しいグループコンセプトの社内浸透を目的としたブランドブックや、社内報の号外版を制作。
    【アウターブランディング】
    コーポレートサイトのフルリニューアル。グローバルサイトやIRサイトの充実。
  • さらに、広報戦略に必要なデジタルマーケティングのノウハウを伝えるセミナーを、継続的にプロジェクトメンバーに実施。

効果

コンセプト~各種広報ツールを整備、ブランディングに対する社員の意識も高められた

  • 「ブランディングワークショップ」を通して、リブランディングに必要な「コトバ」や「見え方」を、お客様と共に創り上げることができた。
  • ブランドの一貫性を保ちながら、インナーブランディングとアウターブランディングのそれぞれに対応する多数のコンテンツやツールを充実化できた。
  • 社員参加型のワークショップを軸として進めたこのプロジェクトは、社員の中に事業コンセプトやスローガンといった核となる「考え方」「行動規範」を根付かせるのに適切な方法だった。



図書印刷はさまざまなソリューションを
提供しています



関連サービス・製品

サービスページ

お役立ち資料

検索