株式会社サンシャインエンタプライズ様「ざんねんないきもの展」

文化施設

企画から実施まで、パートナーとしてトータルサポート

【背景と課題】イベント業務の全面的なアウトソーシングを行いたい

池袋のランドマークとして、オフィス・商業施設からアミューズメント・文化施設、さらには公共施設まで備えるサンシャインシティ。株式会社サンシャインエンタプライズ様は、アミューズメント事業の中核となる、「サンシャイン水族館」と「SKY CIRCUSサンシャイン60展望台」の運営・管理を行っています。

ファミリー層や若者層が多く訪れるこの施設では、常に来場者に楽しんでもらえるように、年間を通してさまざまなイベントを開催しています。
特に、映画やコミックなど話題のコンテンツとのコラボレーション企画は人気が高く、積極的に実行していきたいと考えていました。

ただ、アイデアや施策を次々と考えながら、必要部材の手配、関係者との交渉、運営管理を行っていくことはご担当者様にとっても負担が大きく、信頼できる企業へのアウトソーシングを求めていました。

【解決策】デザインから実施まで一気通貫でサポート

同社では、いきものの生態や習性を「ざんねんな」切り口で紹介したことで話題となっていた、高橋書店様の『ざんねんないきもの事典』と水族館のいきものとのコラボレーション企画のアイデアを考えました。

この話を受けた図書印刷では、水族館とコンテンツの魅力を最大限に伝えるべく、具体的な展示内容をサンシャインエンタプライズ様と一緒につくっていきました。

 ・『ざんねんないきもの事典』のテイストを等身大の本のデザインで表現
 ・当社クライアントでもある高橋書店様との橋渡し
 ・本に載っている生物を、ざんねんなポイントの解説と一緒に展示

など、デザインから実際の施工までを一貫して行いました。

こうして、水族館のゲストルームを使った特別展「ざんねんないきもの展」が完成しました。

sanshine2018-2.jpg

【成果と今後の展望】

「ざんねんないきもの展」はTVやニュースにも多く取り上げられ、比較的来館者の少ない冬場にも関わらず、多くの来館者でにぎわいました。
また、書籍『ざんねんないきもの事典』も発行部数100万部を突破するなどさらに話題を生んでいます。

その人気に後押しされ、2018年1月には、「ざんねんないきもの」を公募で集めるコンクールを行い、新たな“ざんねんないきもの”の追加展示も行いました。
この特別展は約19万人のお客様を動員し、サンシャインシティ全体の活性化につながっています。

デザインから実施までを当社で一括して行えたことで、お客様の負担を軽くすることができ、大変喜んでいただけました。
今後は、多くの出版社様とのコネクションを活かし、コラボレーションのアイディアから実施まで、イベントのすべてをお助けできるパートナーとしてご期待をいただいています。

【図書印刷のソリューション】

長年本をつくってきた図書印刷は、多くの出版社様とのつながりを持っています。
お客様と出版社様が持つ、魅力的なコンテンツを結びつけ、新たな価値創出をご提案します。
また実務面でも、長年展示会場のブース企画やエンターティメント施設でのイベント、コンクールなどを行ってきた実績があり、企画、デザイン、実施、運営まで、お客さまのパートナーとして全面的にサポートいたします。

※詳細情報はこちら
イベント・展示会
アウトソーシング
キャンペーン・プロモーション

検索