共催ウェビナー『CX(顧客体験)の改善が売上UPのカギ!ゼロから始める顧客体験の把握・改善手法とは?』を開催

共催ウェビナー『CX(顧客体験)の改善が売上UPのカギ!ゼロから始める顧客体験の把握・改善手法とは?』を開催

トピックス

当社は、CX(顧客体験)の向上にお悩みのマーケティング・顧客管理の責任者・担当者に向けたセミナー『CX(顧客体験)の改善が売上UPのカギ!ゼロから始める顧客体験の把握・改善手法とは?』を、7月16日(木)、8月6日(木)にオンラインにて無料開催致します。

昨今、IT技術の進展により企業と消費者の接点は多様化・複雑化しています。また、市場が成熟する中で、商品・サービスに関する全てのフェーズでの満足度が、消費者の購買行動に影響を及ぼすようになってきました。 

このような中で、「CX(顧客体験)」の改善に着目する企業が増えています。実際に、お客様からも「CXという言葉をよく耳にするが、どこから取り入れればよいか分からない」「CXに関する課題を洗い出したい」「顧客とのコミュニケーションを見直したい」といった声を聞きます。 

このような背景を受けて、図書印刷では、「CX(顧客体験)改善支援サービス」の提供を開始いたしました。このサービスは、一連のCX(顧客体験)を定量化し、分析結果に基づいてコミュニケーション施策を企画・実施するものです。オフライン・オンライン横断であらゆる接点を対象として優先順位を付け、一貫で改善施策を実行できる点が図書印刷の特長です。そこで今回、当社のサービス内容でもある「CX(顧客体験)改善」に関するセミナーを開催致します。

今回のセミナーでは、CX(顧客体験)の調査・分析を行うクラウドサービス「EmotionTech」を提供する株式会社Emotion Techと共同でセミナーを開催することに致しました。

セミナーでは、各社のサービス内容の紹介に留まらず、CX(顧客体験)の基本的な解説や、重要な指標を見つけるポイント、効果的なコミュニケーション施策など、お客様の顧客マネジメントの課題解決にもお役立て頂ける内容になっています。

こんな方におすすめ ※企業のマーケティング・顧客管理部門の方向け

・CX(顧客体験)を改善するためには何をすればよいのか分からない…
・CX(顧客体験)を定量的に把握する手法が知りたい
・顧客ロイヤルティを上げるコミュニケーション手法を学びたい
・コミュニケーション施策実行のアウトソース先を探している

セミナーの参加により得られること

・CX(顧客体験)の管理手法が学べる
・CX(顧客体験)向上のためのPDCAサイクルをイメージできる
・株式会社Emotion Techと図書印刷株式会社の提供するサービス内容が分かる

図書印刷の「CX(顧客体験)改善支援サービス」

マーケティングや顧客管理の責任者・担当者を対象に、顧客体験(CX)の調査、課題抽出、課題に応じたKPI設計や企画提案から、コミュニケーション施策の実行までの一貫したサイクルで支援するサービスです。

図書印刷は、従来よりオフライン・オンライン横断で数多くの企業のコミュニケーション戦略や施策の実行を支援して参りましたが、戦略・施策の効果を定量的に把握し、データ分析結果を生かして企業を中長期的に支援する点がこのサービスの特長です。

 

【開催概要】

開催日時: 7月16日(木)16:00~17:00/8月6日(木)16:00~17:00

参加費: 無料

内容:

・顧客体験の重要性と実践のポイント
・ロイヤルティを可視化してPDCAを回す方法とポイント
・データを起点にコミュニケーションをパーソナライズする方法とポイント

 

▼説明会詳細・参加お申込みはこちらから▼

https://www.tosho.co.jp/webinar/cxm/

検索