ワクワクする買い物体験」で購買活動を活性化させる これからの店舗DXの進め方

【無料eBook】「ワクワクする買い物体験」で購買活動を活性化させる これからの店舗DXの進め方


流通業界で「店舗DX(Digital Transformation)」が注目を集めています。 購買行動の変化、顧客接点の多様化などを受けた店舗DXには、デジタルツールや、SNSを活用した広告・販促、効率化された決済フローなど、さまざまなリソースがあります。

店舗DX推進には、従来の店舗(売り手)中心の考え方から、顧客(買い手)中心の考え方に転換することが必要です。

店舗DXは、単にデジタル化された状態ということではなく、新たなビジネス価値を創出することに価値があります。

こんな事でお悩みではないですか?
  • そもそも「店舗DX」の理解が不十分である
  • 店舗DXの導入によりどのようなメリットが得られるのかがわからない
  • 店舗DXを活用する方法を知りたい
  • 店舗DX推進の方法がわからない
  • 店舗販売の担当だが、店舗DXについて知りたい
こんなお悩みを解決するヒントが、
ダウンロード資料内にあります! 

この資料では店舗DX推進のための、必要な方法や、 ポイントをご紹介しております。
店舗DXの導入を検討する時、実施する時、それぞれの場合にぜひこの資料をご活用ください。

資料を見ることで、
このような事が理解出来るようになります。
  • 店舗DXの全体像が理解できるようになる
  • 店舗DXが店舗販売にどのようなメリットを与えるのかがわかる
  • 店舗DXを成功させるポイントが理解できる
  • 店舗DX推進のステップを知ることができる
  • 店舗DXの実現に必要なインフラや、テクノロジーの例がわかる

ぜひ、資料をダウンロードして
店頭DX推進にお役立てください。

資料の目次をご覧になりたい方は
ここをクリック!

P2:何のための店舗DXか

「店舗DX」とは、どのような必要性を元に推進されるのか、店舗(売り手)中心の考え方から、顧客(買い手)中心の考え方への転換を軸に説明します。

P3:攻めのDX、守りのDX

店舗DXを推進する時は、「攻めのDX」と「守りのDX」という視点に配慮します。それぞれに3つの重要な要素があることを含めて解説します。

資料の一部を紹介!

P4:店舗DXを進めるうえで、陥りがちな問題

店舗DXの推進時によく陥りやすい問題を、大きく2つのケースに分けて紹介します。

P5:DXを進める3つのステップ

DXを確実に進めるためには、段階的に3つのステップが必要です。既存の購買モデルから脱却して、新たな購買モデルに到達するまでの過程を説明します。

P6:店舗DXの全体像

店舗DXの全体像を考えた時、3つのインフラを土台に構築することがわかります。中間目標を経て、最終目標に到達するプロセスが重要です。

P7:店舗DXを支える3つのインフラ

店舗DXを支える3つのインフラと、それぞれの関係についての概要を解説します。この3つのインフラのどれが欠けても店舗DXは実現できません。

P8:店舗のDXを進めるデジタルテクノロジー

リアル店舗に導入できるデジタルテクノロジーの例を、購買行動のポイントごとに紹介します。

資料の一部を紹介!

P9:Z世代が店舗に求めること

これからの購買行動の中心となる顧客「Z世代」の志向や特徴についてキーワードごとに説明します。デジタルネイティブ世代と店舗DXの親和性についてイメージをつかむことができます。


「そもそも店舗DXにはどのようなメリットがあるのかを知りたい」
「店舗DXを推進する時のポイントは何なのか?」
「これからの販売施策に店舗DXを活用したい」
といったお悩みをお持ちの方は
この無料eBookをぜひお役立てください。
資料ダウンロードは入力フォームから

※ダウンロードのエラーが出た場合は、お手数ですが下記アドレスにご連絡ください。
oyakudachi@tosho.co.jp