高速デジタル印刷を活用したコミックスの小ロット製造を開始

サービス・製品

 株式会社日本文芸社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村誠)は、図書印刷株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長 川田和照 以下、図書印刷)と連携し、小ロット重版の対応を開始したことをご案内します。

 長編作品やシリーズ作品などのコミックスを適正生産をすることで、書店様や読者様に全巻が揃った状態で安定的に届けていきたいという想いから、業界に先駆けて小ロット製造を採用するに至りました。
なお、この製造は図書印刷がサービスを開始したDSR(デジタルショートラン)を採用しています。

 DSRは、図書印刷が2018年10月にサービスを開始した小ロット領域でのワンストップサービスです。本サービスは、沼津工場に設置した高速デジタル印刷機と専用加工機での製造を中心にサービスを展開するものです。既存のオフセット印刷では適正なコストでの提供が難しかった小ロット領域を、高速デジタル印刷機の特性を活かすことで、多品種小ロットの製造を短納期かつ適量生産でクライアント様に提供してまいります。

 図書印刷は、出版業界が抱える作品の安定供給、在庫管理コストの削減、発注の効率化などの課題を今後も製造の面から改善支援をしていくことができるよう研鑽に努めます。

dsr.JPG

書影.png 

【採用案件の一例】
■書名:「銀牙伝説ウィード」3巻
■作:高橋よしひろ
■定価: 本体495円+税
■発行:株式会社日本文芸社
■ISBN:978-4-537-09914-0

(著者について)
高橋よしひろ(たかはしよしひろ)
1953年秋田県生まれ。漫画家を志して71年に上京。本宮ひろ志氏のアシスタントとして活動し、72年『下町弁慶』が週刊少年ジャンプ(集英社)に掲載されデビューを果たす。73年、『おれのアルプス』で週刊少年ジャンプ・手塚賞に応募し佳作を受賞。76年、『白い戦士ヤマト』を月刊少年ジャンプ(集英社)、『悪たれ巨人』を週刊少年ジャンプで連載開始。83年から『銀牙-流れ星 銀-』を週刊少年ジャンプにて連載開始。99年より週刊漫画ゴラクで『銀牙伝説WEED』を連載開始。『銀牙伝説WEEDオリオン』『銀牙伝説赤目』『銀牙THE LAST WARS』など銀牙伝説シリーズを精力的に描いている。

本件に関する問合せ先
図書印刷株式会社 広報グループ Tel: 03-5843-9857  e-mail: info@tosho.co.jp

このページの内容は発表時のものです。

印刷はこちら

検索