トッパングループ、全国10工場で「Japan Color標準印刷認証」を取得

ニュース

iPhoneアプリiPadやスマートフォン、PCなどでリリース

図書印刷株式会社(本社:東京都北区東十条、代表取締役社長:沖津仁彦、以下図書印刷)は、このたび、株式会社技術評論社(本社:東京都新宿区市谷左内町、代表取締役:片岡巖)、株式会社法研(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長:東島俊一、以下法研)をはじめとした、長年の出版社様とのお取引と、これまで培ってきた組版技術や出版物の制作・製造のノウハウを活かし、電子書籍ビジネスに本格的に参入します。

第一弾の電子書籍として、技術評論社からは、ケータイ小説の女王内藤みか:著「夢をかなえるツイッター」およびiPhone ユーザーのためのやさしい入門書「iPhone 基本&便利技」のiPhone アプリ、法研からは、75万部のベストセラー、ジェンダー論の論客である上野千鶴子:著「おひとりさまの老後」のiPhoneアプリ、さらに、続けてさまざまなコンテンツをiPadやスマートフォン、PCなどでリリースしていきます。

【背景】
・iPhone、Android携帯などスマートフォンの普及拡大
→気軽に読める環境、買える環境が整いつつある。
・iPad、Kindle(国際版)など、電子書籍端末の市場投入
→本格的な読書に耐える端末の登場によって、本としての電子書籍の可能性が拡大。
・出版業界、著者への電子書籍認知の拡大
→電子書籍での発行について、理解が広がり、みんなが読みたいものを出せる環境が整いつつある。
【ビジネスの概要と特長】
・コンテンツ価値の最大化のために、最適な電子書籍デバイスから販売方法に至るコンサルティングから行います。
・コンサルティングには、営業、技術、企画部門などから集まった電子書籍に関するエキスパートがあたります。
・協力して作品のジャンルや読者層に最適な表現を提供し、読みやすさや新しい読書体験を追求します。
・印刷会社としての高い品質と、出版物制作と一体となった合理的な制作ワークフローを構築します。
・担当するコンサルティング営業が、紙の印刷、電子書籍の企画・制作、デジタル広告のエージェント業務、デバイスの選定、配信など、電子書籍制作に関するすべてを、ワンストップでサポートします。

【売り上げ目標】
初年度:50社1億円
2015年:20億円

【今後の展開】
これまで、電子書籍は、コミックを中心とした限られた若者向けのものが中心でした。図書印刷は、多くの出版社のコンテンツを活かして、魅力的なタイトルを、最適なプラットフォームに対して投入し、新しい読者、新しい読書スタイル、新しい市場を創出することを通じて、出版業界の活性化に寄与していきます。

検索