一人ひとりに異なるお知らせをお届けできるフルバリアブルDMを開発

ニュース

一人ひとりに異なるお知らせをお届けできるフルバリアブルDMを開発

図書印刷株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 沖津仁彦 以下、図書印刷)は、企業が保有する顧客の属性情報をもとにパーソナルな情報を提供するダイレクトメール(DM)サービス「One Oneメール」を開始します。

「One Oneメール」は、企業が顧客と1対1で対話をするようなプロモーションを実現するDMです。企業からお預かりした顧客データと企業が顧客に提案したい内容を結びつける図書印刷のシステムを活用し、一人ひとりの顧客のニーズに沿った情報を提供します。
図書印刷ではDMの企画提案、印刷、発送から発送後の効果測定までをワンストップで実現することに加え、タイプ別に消費者の嗜好に合わせた商品を案内する『購買促進型』や『来場促進型』、消費者が目標を達成するまでの期間のコミュニケーションを実現する『スケジュール提案型』の3種を基本テンプレートとして用意し、One to Oneマーケティングを短期間かつ安価で実施したい企業にも対応しています。
「One Oneメール」を使った個人向けプロモーション提案を、教育関連や通販をはじめ、多方面の業界に向けてアプローチすることで、初年度1億円の売り上げを見込んでいます。

fb_dm.jpg

one_one_logo.gif

One One=わんわん、で可愛い犬をデザインしたロゴになっています。
one to oneマーケティングを実現するDMであることと、2匹の犬のうち片方の犬が笑っているのは、このDMが届くことでもらったお客様が笑顔になることをイメージしています。

※購買促進型
今まで購買した商品の履歴から顧客の購買活動を予測して行う商品紹介DMなど、例えば前月に購入したファッションとコーディネートしたアクセサリーの提案DMなど。
※来場促進型
当たりくじや来場特典など、来場を促す仕掛けを盛り込んだタイプ
※スケジュール提案型
資格取得など、消費者の目標達成までの期間中、その進捗具合によって様々な提案・購買動機付けを行うDM
【背景】
消費活動が低迷している現在、売上増強のキーとなる顧客の囲い込みや優良顧客を育成することの重要性が高まっております。また、顧客の趣味や嗜好が多様化する中、効果的なコミュニケーション手段も求められています。図書印刷では2006年にPOD(プリントオンデマンド)を導入して以来、情報セキュリティ体制を構築し、通信教育教材をはじめとして顧客特性に即した情報提供のサポートを行ってきました。このパーソナルビジネス事業で構築したOne to Oneマーケティングと可変印刷のノウハウを融合した「One Oneメール」を提供し、効率的なセールスプロモーションを総合的にサポートいたします。
【One Oneメールの特長】
「One Oneメール」は、文字だけではなく、画像や図表、グラフまで一人ひとり異なった内容を、可変印刷で提供できるため、より具体的に顧客に語りかけることが可能な訴求効果の高いDMです。さらに透明の封筒にセットすることで高級感も演出します。
また、「One Oneメール」の特性を最大限に活かした訴求力の高い販売プランの作成や、設計、デザインなどを専門スタッフがサポートしますので、初めてパーソナル対応のDMを実施する企業でも安心してご活用いただけます。
図書印刷では2006年にプライバシーマークを取得するなど、安心・安全な個人情報セキュリティ体制を構築しており、顧客情報管理も万全です。
【フルバリアブルDMの展開】
サービス開始日:平成21年4月22日
料金システム:5,000通発送の場合、1,000,000円~(デザイン費・効果測定は別途)
【図書印刷の展開】
図書印刷では、今後より一層のパーソナルビジネスを推進していきます。特に企業と消費者のコミュニケーションツールの開発に重点をおき、多様化している消費行動に対応した効果的かつ効率的な販売促進手法をワンストップで提供していきます。

【本件に関する問合せ先】

図書印刷株式会社 人事労政本部 総務部 広報グループ (TEL 03-3473-7991)

検索