本づくりのアイデアを形にします

製本コンシェルジュとは?

面白い形の本のアイデアを思いついたのだけれど、果たして本当に作れるのだろうか?と思われた方は製本コンシェルジュにご相談ください。豊富な知識と経験で、アイデアを形にします。
製本コンシェルジュはお客様の本づくりのリクエストにお応えするプロフェッショナルです。


本づくりにかかせない設計力

本づくりには、設計と製造の両方の品質が重要です。
図書印刷ではコミックス、新書、文庫本などの定形のものだけではなく、上製本も含めてサイズや厚さが異なる多様な本づくりの設計と製造のノウハウを持っています。
本は基本的に大量生産されるものなので、大量生産に適した設計が求められます。
印刷、製本、装丁、用紙、材料などに関して設計を考える必要があり、これを造本といいます。
どんな寸法にするのか、どんな用紙を表紙や本文に使うのか、綴じ方はどうするのかといった様々な要素から、使用目的、見栄えの良さ、丈夫さ、コストなどの条件を組合せて造本仕様は導きだされるのです。


製本技術を駆使した造本を

本の内容や世界観などにあわせて、従来にない新しい形態の本を作ろうとした時には、製本コンシェルジュの力が必要になります。
「この本は、開きやすく読みやすいを求められているので、本の綴じ方はこの方法を使って、用紙はこの銘柄のこの厚さのものを使おう」
造本に関しての知見から、最適な仕様を選びだして新たなアイデアを形にするのが製本コンシェルジュの仕事です。
製本コンシェルジュは、製本に関する広く深い知識を駆使し、製本技術をコーディネートして、様々な本づくりのご要望に応えます。


製本コンシェルジュの仕事事例

レッドタートル ある島の物語
原作 マイケル・デッドク・ドゥ・ヴィット
構成・文 池澤夏樹
出版社 岩波書店


製本コンシェルジュにこの本についてインタビューしました。

Q 「レッドタートル ある島の物語」はどのような製本ですか?

A 元々はドイツ装(本文の表1と表4に別々の紙を貼り付ける独特の製本様式)にしたいという依頼でした。
しかしドイツ装は手作業で製造コストが高くなるので、手作業をなくして、コストを下げつつドイツ装の雰囲気を維持したいということがお客様のご希望でした。


Q 製本の工夫を教えていただけますか?

A 継ぎ表紙(別々の表1と表4を背部分でつないだもの)の形態でなおかつ、イチョウ溝(本の背と表紙の間にできる溝)の無い形にする事で、ドイツ装の雰囲気を出しながら、製本機で製本できるようにしました。背中の用紙を裏打ち寒冷紗(表紙と本文をつなぎとめるために使う布)にして、ドイツ装らしさを強調しています。
お客様から裏打ち寒冷紗に色をつけたいといわれたので、赤い紙で裏打ち寒冷紗を作成して使用しました。
最後にわざとサイズを縮めたカバーをかけて表紙の一部が見えるようにしています。


Q この製本はどのような評判でしたか?

A 強度、作業性、見栄えのバランスを維持しつつ、開きの良い本にできました。
得意先には美しい仕上りを大変喜んでもらえました。
造本装幀コンクールで日本印刷産業連合会会長賞を頂きました。
通常の上製本とは一味違った雰囲気を表現できたと思います。


Q この製本を今後どのように活用したいですか?

A 一つの経験になったので、他のお客様が同じような完成イメージをお持ちの場合には、ぜひこの製本を応用して提案していきたいと考えています。