デジタルアーカイブの動向と企業アーカイブのススメ

【資料】業務効率化から始まる!
企業におけるデジタルアーカイブ 3つのメリット


デジタルアーカイブとは、紙の資料をスキャン、デジタルデータ化して保存することです。デジタル化することにより、情報の検索や閲覧を効率的に行い、オフィスの省スペース化、情報保持の強化にも役立ちます。

デジタル化されたデータは、業務の効率化に役立つだけでなく、「情報資産」として、ビジネスの発展のために二次活用できます。

デジタルアーカイブによる「情報資産」は、企業の発展のための、ブランド価値値向上にも貢献します。

こんな事でお悩みではないですか?
  • そもそも「デジタルアーカイブ」の理解が不十分である
  • デジタルアーカイブからどのようなメリットが得られるのかがわからない
  • デジタルアーカイブを活用する方法を知りたい
  • 企業アーカイブ化のやり方がわからない
  • デジタルデータの効果的な活用方法について詳しく知りたい
こんなお悩みを解決するヒントが、
ダウンロード資料内にあります! 

この資料では企業アーカイブ推進のための、必要な方法や、 ポイントをご紹介しております。
企業アーカイブの実践を検討する時、実施する時、それぞれの場合にぜひこの資料をご活用ください。

資料を見ることで、
このような事が理解出来るようになります。
  • 「デジタルアーカイブ」がどのようなものかがわかるようになる
  • デジタルアーカイブのメリットが理解できるようになる
  • デジタルアーカイブと企業アーカイブの関係について知ることができる
  • 企業アーカイブを推進する方向性が理解できる
  • デジタルデータは「情報資産」の価値を持っていることが良くわかる

ぜひ、資料をダウンロードして
企業アーカイブ推進にお役立てください。

資料の目次をご覧になりたい方は
ここをクリック!

P2:企業アーカイブの3つのメリット

「デジタルアーカイブ」が社会全体でどのように活用されているのかと、企業アーカイブの3つのメリットを紹介します。

P3:「デジタルアーカイブ社会」とは

「デジタルアーカイブ社会」とは、どのようなビジョンを元に推進されているのか、「ジャパンサーチ」との関連を含めて説明します。

資料の一部を紹介!

P4:デジタルアーカイブの全体像と「企業アーカイブ」

デジタルアーカイブの対象になる領域をマッピングして、その中で、「企業アーカイブ」がどのような位置づけになるのかを解説します。

P5:「企業アーカイブ」の目的、狙い

企業の過去を振り返ることによって、未来への道標とする。企業アーカイブにはそのような効果があることを紹介します。

P6:「企業アーカイブ」のつくり方

企業アーカイブを構築するには、何を対象にすべきか、どのような技術を活用すべきかを、フローに当てはめて解説します。

資料の一部を紹介!

P8:企業アーカイブの二次活用

企業アーカイブのデジタルデータにより、どのようなアウトプットを作成して役立てることができるのかを一覧であげます。

P9:付録:「企業アーカイブ」スタートチェックシート

アーカイブを導入するには、一旦、膨大な情報を整理して、構築のためのプロセスを見極める必要があります。このチェックシートでそのために必要な項目を確認できます。


「そもそもデジタルアーカイブはどのようなメリットがあるのかを知りたい」
「企業アーカイブを推進する時のポイントは何なのか?」
「自社の情報資産で企業アーカイブを構築したい」
といったお悩みをお持ちの方は
この資料をぜひお役立てください。
資料ダウンロードは入力フォームから

※ダウンロードのエラーが出た場合は、お手数ですが下記アドレスにご連絡ください。
oyakudachi@tosho.co.jp