3つのDX手法による カタログ制作の効率化

【無料eBook】3つのDX手法による カタログ制作の効率化


DX(デジタルトランスフォーメーション)には、業務効率化につながるさまざまな効果があります。煩雑なカタログ制作の業務も、DXを駆使して、利便性を向上することができます。

カタログの制作時に、これらのDX手法を駆使することで、飛躍的に作業行程を改善することが可能です。業務が省力化されたことで、カタログの誌面の内容を工夫して、より販売に貢献できるように改善することに時間がさけます。また、ワークライフバランスの推進にもつながります。

この資料では、DXを用いた方法だけでなく、カタログの制作、製造、配送までの全行程における効率化の方法を紹介しています。

こんな事でお悩みではないですか?
  • そもそも「DXによるカタログ制作の効率化」の理解が不十分である
  • DXの導入でカタログ制作にどのようなメリットが得られるのかがわからない
  • カタログ制作を効率化する方法を知りたい
  • DXを効果的に活用して、カタログ制作業務を効率化したい
  • カタログ制作の担当だが、カタログを配布するまでの全体の作業負荷を減らしたい
こんなお悩みを解決するヒントが、
ダウンロード資料内にあります! 

この資料では「DXによるカタログ制作の効率化」推進のための、必要な方法や、 ポイントをご紹介しております。
カタログ制作の効率化を検討する時、実施する時、それぞれの場合にぜひこの資料をご活用ください。

資料を見ることで、
このような事が理解出来るようになります。
  • 「DXによるカタログ制作の効率化」が理解できるようになる
  • DXがカタログ制作にどのようなメリットを与えるのかがわかる
  • カタログ制作を成功させるポイントが理解できる
  • DXを活用して、カタログ制作業務を効率化する方法を知ることができる
  • カタログを配布するまでのフローの中の改善ポイントがわかる

ぜひ、資料をダウンロードして
カタログ制作の効率化にお役立てください。

資料の目次をご覧になりたい方は
ここをクリック!

P2:DXにより得られる効果

一般的にDXを用いると、どのような効果が見込めるのか、6つのポイントに整理して紹介します。

P3:カタログ制作の現場でよくある課題

どのようなカタログを制作するかで、異なる課題がでてくるな場合もあります。ここでは、よくある共通するケースとして3つの課題があることを解説します。

P4:カタログ制作効率化に使えるDXの3つの手法

カタログ制作におけるよくある課題を3つ抽出しました。それぞれを解決するDXの手法である「自動化」、「データ連携」、「ツール利活用」について、ここでは説明します。

P5-9:カタログ制作効率化 5つの具体策

カタログ制作を効率化するために、最適なDXを用いた手法を、5つの具体策で紹介します。実際のカタログ制作のフローに準じて、「自動化」、「データ連携」、「ツール利活用」の手法をどのように使って、効率化を実現するのかを解説します。

資料の一部を紹介!

P10:カタログ制作効率化の全体像

この資料ではDXの活用を中心に、「カタログ制作の効率化」を解説してきました。しかしながら、本来カタログをつくりあげるまでには、もっと多くの行程が必要です。カタログづくりの全ての行程における効率化のポイントを、最後に網羅的に紹介します。

資料の一部を紹介!


「そもそもカタログ制作の効率化とはどのようなことであるのかを知りたい」
「カタログ制作の効率化を推進する時のポイントは何なのか?」
「カタログ制作業務を改善したい」
といったお悩みをお持ちの方は
この無料eBookをぜひお役立てください。
資料ダウンロードは入力フォームから

※ダウンロードのエラーが出た場合は、お手数ですが下記アドレスにご連絡ください。
oyakudachi@tosho.co.jp