先進企業は経営やマーケティングを俯瞰するためにデータを活用する~ギャプライズ様×図書印刷対談【中編】

マーケティング

現場のマーケターが語る『データドリブンマーケティング』最前線
ギャプライズ様×図書印刷対談【中編】

データドリブンマーケティングの実践には、優れた分析ツールの利用が欠かせません。データ活用のプラットフォームとして、グローバルで多くの実績を持っているのがギャプライズ社が提供する「SimilarWeb(シミラーウェブ)」です。

現場のマーケターが語る『データドリブンマーケティング』最前線【前編】」では、データ活用を推進するポイントについて伺いました。この【中編】でも引き続き、ギャプライズの木佐壮一氏と図書印刷の多田良が対談。SimilarWebの「提供者」と「利用者」のそれぞれの視点から、導入企業での活用例やデータ分析を成功させるためのポイントについて語りました。

お客様の収益を最大化させる デジタルマーケティング支援サービス|図書印刷

WEBサイトのデータを多面的に見て、意思決定を支援する

――データを見える化するツールである「SimilarWeb」の概要とその使い方を教えてください。

3_kisa_sama_400x267.jpg
木佐壮一氏
株式会社ギャプライズ
マーケットインテリジェンス事業部

木佐氏:データドリブンマーケティングを実現するには、サイト上でのユーザーの行動データを分析し、デジタルビジネスの意思決定に役立つ洞察が求められます。そのためのプラットフォームが、ギャプライズの提供する「SimilarWeb(※)」です。このツールは、全世界数億のパネラーから収集したデータに基づくマーケット・インテリジェンス・プラットフォームで、現在、国内では300社を超える企業が利用しています。

調査したいWEBサイトのURLをSimilarWebに入力するだけで、そのサイトに関するさまざまなデータが見られるのが特徴です。加えて、インターネット上でトレンドとなっている検索キーワードを俯瞰的に調べられ、ユーザーが今何を知りたがっているのかを素早く把握できます。導入した企業の多くはSimilarWebを市場調査や競合分析に活かして、ビジネスにおける意思決定要素の一つとして利用するわけです。

SimilarWebの詳細はこちら

――ツールの利用者として、率直な感想を聞かせてください。

2_tada_400x267.jpg
多田良
図書印刷株式会社
デジタルマーケティング営業部

多田:図書印刷のミッションは、お客様の課題解決と目標の達成を手助けすることです。SimilarWebはそのために市場や競合を分析するツールとして最適で、お客様が求めるものに合致した分析と提案ができます。

例えば、ある企業のインターネット上での活動を調べるとき、普通は検索エンジンでWEBサイトを見つけ、そのサイトの中味を見て、ブログやSNSを調べたりします。そうした作業にはかなりの時間と手間がかかるにもかかわらず、それでも企業サイトの全貌をチェックできるとは限りません。それに対して、SimilarWebを使えば、1~2時間程度で知りたい情報を確実に得られます。作業効率がよく、欲しい情報を手に入れることができる、とても便利なツールですね。

お客様のデータ分析を効率化|図書印刷のデジタルマーケティング支援サービス 

膨大なデータを組み合わせて、顧客ニーズを深く探る

 ――SimilarWebの導入企業で、データ活用の成功事例があれば紹介いただけますか。

木佐氏:市場や経営環境を俯瞰的に見ている企業は、実際にSimilarWebを効果的に利用しています。例えば、とあるメーカー様ではSimilarWebの膨大なデータを組み合わせ、市場全体における顧客の欲求やニーズの探求を積極的に行い、マーケティング活動に反映しています。

具体的には、買いたいと思っている商品のWEBサイトにユーザーがどのような経路でたどり着くのか、といったカスタマージャーニーを探っています。ユーザーの情報取得方法を重視し、あるキーワードで検索したときにはどのサイトにたどり着きやすいかなど、購入に至るプロセスを調べるためにデータを活用しています。

200213-075.jpg

木佐氏:また、他の企業様では、国内のみならず海外のデータも分析しています。海外の先行事例をSimilarWebで調べ上げ、日本で流行する前に情報をキャッチアップしています。アメリカで流行ったことが、2年後に日本で盛り上がるということもあるからです。

複数の事業で横断的にデータを分析するとともに、特にデータが足りない新しい事業領域についてはSimilarWebを情報源として活用し、新たな気づきを得ています。

その他にも、市場トレンドを掴み、気になる点を細かく分析し、トレンドになっている理由を客観的データとともに考察している企業も少なくありません。

多田:私たちのお客様は中堅・中小企業が中心なので、そもそも取得できる情報やデータ量が少ないのが一般的です。そこで、競合でトップシェアの企業のマーケティング施策を検証したり、その周辺で行われている検索やアクセスの状況を調べるためにSimilarWebを活用したりしています。市場全体の状態が見えるようになることは、データ集めに苦労している企業にとっては大きな価値があるからです。

他にも、お客様がホームページで獲得しているキーワードから、お客様がマーケットの中でどのような立ち位置なのか、分析することができます。競合だけではなく、親和性の高いサイトや企業を発見することで、お客様へご提案する幅が広がります。

プロフィール
木佐壮一氏
株式会社ギャプライズ マーケットインテリジェンス事業部

2018年8月に株式会社ギャプライズ マーケットインテリジェンス事業部のSimilarWebのカスタマーサクセスチームにJoin後、カスタマーサクセス、オンボーディングスペシャリストを立ち上げたのちに、現在はカスタマーサクセスチームのマネージャーを担っている。

多田良
図書印刷株式会社デジタルマーケティング営業部

WEBアナリストとしてGoogle Analyticsほか、さまざまなツールを用いてECサイトの分析からKPI設計、改善提案まで、企業のデータ活用を支援。

 

図書印刷では、WEBサイトやEC事業の構築・リニューアルも含めた幅広いデジタルマーケティング支援サービスを提供しています。

「図書印刷が描くDX時代のマーケティング透視図」のページでは、当社の「デジタルマーケティング支援サービス」の導入企業のご担当者様や、デジタルマーケティング界の識者の方々へのインタビューを通じて得られた「生の声」を掲載。ぜひお客様のマーケティング活動にお役立てください。

図書印刷が描くDX時代のマーケティング透視図

bn_digima_interview_800x132.jpg

お客様の課題や外部環境を踏まえた上で、企業(またはブランド)の強み・特長を、データに基づいて洞察、咀嚼/翻訳し、課題解決へ向けた戦略プランの設計から運用までをお手伝いしております。詳しくは以下のページよりご確認ください。

お客様の収益を最大化させる デジタルマーケティング支援サービス|図書印刷

digima-top-banner-L.png

検索