AmiVoice® 議事録作成支援ツール
〜文字起こしの手間を大幅に効率化!対面音声認識ツールの決定版!~

こんなお悩みありませんか?

1議事録作成って時間がかかる!もっと楽に作ることはできないの?

2セミナーの文字起こしって大変!もっと短時間でテキスト化はできないの?

3議事録の作成で会議の発言者を自動で識別できないの?

4文字起こしを外部に委託しているけど、コストが高い!

5文字起こしの使用頻度はそんなに無い。だから使った分だけ支払いたい。

6月に2回だけ文字起こししたいんだけど。でも、コスパ悪いでしょ!



図書印刷は、そんなお客様のお悩みを解決します。

「AmiVoice®」をおすすめいたします。


「AmiVoice®」(注1)とは

「AmiVoice®とは、AIによる音声認識技術を活用した音声認識ツールのブランド総称です。
図書印刷では、議事録・書き起こしに適した以下2つのツールの導入について、ご支援を行っております。



本ツールを適切に導入することにより会議・講演会・インタビューなどの発言を自動的に短時間かつ高精度でテキスト化をすることができ、文字起こしの手間を大きく効率化させることができます。

AmiVoice®の特長

特長1 豊富な導入実績 300社以上に導入

本システムは日本国内において累計300社以上(民間企業以外も含む 注2)に導入されております。
当社では、開発元の株式会社アドバンスト・メディアと連携し、株式会社アドバンスト・メディアの豊富な実績と確かなノウハウを活かし、お客様に寄り添った提案・サポートを実現します。



特長2 幅広い用途の音声認識に対応

音声からテキストを起こす作業であれば、業種・業界を問わずご利用いただけます。


[ご活用例]


・出版社、テレビ局、新聞社:インタビュー(取材)





  長いインタビューも短時間でテキスト化!



・一般企業:経営会議、取締役会、決算説明会





  発言者が多数でも正確に振り分け!



・大学、特殊法人:講演、セミナー





  何本もの講演があってもすぐに全文をテキスト化!



その他、地方議会、遠隔会議(WEB会議・電話会議)、動画の字幕制作などさまざまなシーンでご利用いただけます。



特長3 精度の高い認識率

AmiVoice®の音声認識エンジンはディープラーニング技術を実装しています。
ディープラーニング技術とは、機械が人間の脳の構造をソフトウェア的に模倣し、データの特徴を学習して認識や分類を行う「機械学習」の手法です。
AmiVoice®は最新のディープラーニング技術や、ディープラーニングの発展技術であるリカレントニューラルネットワークのLSTM(Long Short-Term Memory)技術をエンジンに組み込み、高い認識率を誇ります。


[AmiVoice®の仕組み]



選べる2つのタイプ クラウド型とスタンドアローン型

図書印刷では、お客さまの利用スタイルに応じてクラウド型とスタンドアローン型を選定。使い方に応じて最適なツールをご提案します。


[おすすめの利用例]

※代表例です

ProVoXT(クラウド型) MinutesWriter(スタンドアローン型)
・インタビューの文字起こしがしたい ・フォーマルな会議(役員会、理事会)で使いたい
・毎月利用した分だけを支払いたい ・利用回数が多く、利用回数を気にせずに使いたい
・簡易的なマイクで気軽に使いたい ・会議室内にマイクが常設可能
・チューニングの手間をできるだけかけたくない ・認識精度の向上のためにはいろいろこだわりたい
・テキスト化はリアルタイムではなくて良い ・リアルタイムにテキスト化したい
・会議終了後に録音音声を使い、文字起こしを行う ・会議終了後、すぐに議事録を完成させたい


各製品/サービスページはこちらから。
導入スケジュールや価格、ご活用イメージなどをご確認いただけます。


導入により期待ができること

働き方改革の推進

従来は、ご担当者様自身が、レコーダーで録音した音声を聞きながら 文字起こしをする必要がありましたが、AmiVoice®導入後は、短時間で正確に音声のテキスト化ができるので、ご担当者様の作業時間を大幅に短縮。
これにより、ご担当者様の業務負荷、ストレス軽減につながり、「働き方改革」の推進に役立ちます。

【作業工数削減イメージ】



コスト削減!

簡単に議事録が作成できるので、外部に作成を委託されていた企業様でも、ご担当者様の負荷を増やすことなく内製化が可能に。コスト削減がはかれます。


図書印刷だからできること

・一貫したサービス提供体制

システムの提供だけでなく、マイク設備の選定から導入・保守までをワンストップで提供いたします。


・印刷物連携

音声のテキスト化だけでなく、配布資料の作成までお任せください!
例えば、講演録を聴講者に配布したい場合などには、図書印刷の低部数ワンストップサービス「DSR(デジタル・ショート・ラン)」が便利です。ぜひお問い合わせください。



各製品/サービスページはこちらから。
導入スケジュールや価格、ご活用イメージなどをご確認いただけます。




お問い合わせはこちらから

下記リンク先フォームに必要事項を記載の上、お問い合わせください。



マイクの紹介

AmiVoiceの議事録作成ツールをご利用いただく際、当社では集音用のマイクのご利用をおすすめしております。「手元にマイクがない!」というお客様もご安心ください。当社では音声認識や音声対話に特化したマイクシステムもご用意しています。音声認識利用時や声をクリアに集音したい時に適しています。


・マイクデバイス「AmiVoice Front ST01」

AmiVoice Front ST01は、音声認識や音声対話に特化した、超指向性小型スタンドマイクです。音声認識時の集音に適しています。

【Front ST01】

【価格・仕様】

価格 13,000円(税抜)
指向性 超指向性
外形寸法(W・D・H) 80mm×70mm×150mm(台座含む)
重さ 77g(台座・コード含む)
コード表 1.5m
プラグ Φ3.5mm 4極 CTIA規格
動作温度 -20℃~50℃
※製品の仕様は予告なく変更する場合がございます。

・マイク集約デバイス「AmiVoice Front HUB01」

AmiVoice Front HUB01は、2chステレオ録音が可能なマイク集約デバイスです。 Front HUB01は1台につきマイク4台までカスケード接続が可能。カスケード接続により、最大16台のマイクデバイスを接続できるため、16名までの会議に利用可能です。


【Front HUB01】

【価格・仕様】

価格40,000円(税別)
出入力コネクタ接続 Φ3.5㎜4極ジャック×6 イヤホンマイク接続端子×4個
外部入力端子(本体品複数接続)×1個
出力端子×1個
USB Micro-B ジャック USBステレオオーディオ出力
及びバスパワー給電用
USB Mini-B ジャック 給電専用
外部電源供給によるセルフパワー動作用
操作スイッチ 電源SW、ミュートSW、モノラル/ステレオ切替SW、マイク感度調整用スライドボリューム
外形寸法(W×D×H) 150×75×22㎜
電池 単三形乾電池×2本
駆動時間 連続動作時間 約60時間(アルカリ電池使用)
付属品 本体×1、単三形乾電池×2、オーディオケーブル×1、変換ケーブル×2、Micro USBケーブル×1、Mini USBケーブル×1、取扱説明書×1
※製品の仕様は予告なく変更する場合がございます。

【接続イメージ】


・AmiVoice Front ST01/AmiVoice Front HUB01 専用ケース

Front ST01(マイクデバイス)とFront HUB01(マイク集約デバイス)をぴったり収納できる専用ケースです。
ケース内に静電気防止スポンジを採用しています。
例えば、社内での保管や持ち運びの際に大変便利にご利用いただけます。


【専用ケースA】

【専用ケースB】


【価格・仕様】

専用ケースA
価格8,000円(税別)
外形寸法(W・D・H)366×270×78㎜
収納AmiVoice Front ST01×4台、AmiVoice Front HUB01×1台、その他付属品等
専用ケース B
価格12,000円(税別)
外形寸法(W・D・H)468×344×105㎜
収納AmiVoice Front ST01×8台、AmiVoice Front HUB01×2台、その他付属品等
※製品の仕様は予告なく変更する場合はございます。




お問い合わせはこちらから

下記リンク先フォームに必要事項を記載の上、お問い合わせください。



(注1)AmiVoice®は株式会社アドバンスト・メディアの登録商標です。
図書印刷株式会社は株式会社アドバンスト・メディアの正規代理店です。

(注2)2019年10月現在の実績です。実績数はProVoXTとの累計になります。