AmiVoice®(アミボイス)議事録作成支援システム
〜議事録作成の手間を大幅に効率化!議事録作成支援ツールの決定版!~

こんなお悩みありませんか?

1議事録作成って時間がかかる!もっと楽に作ることはできないの?

2セミナーの文字起こしって大変!もっと短時間でテキスト化はできないの?

3議事録の作成で会議の発言者を自動で識別できないの?

4文字起こしを外部に委託しているけど、コストが高い!



図書印刷は、そんなお客様のお悩みを解決します。

「AmiVoice®議事録作成支援システム」をおすすめいたします。


「AmiVoice®議事録作成支援システム」(注1)とは

「AmiVoice®議事録作成支援システム」とは、AIによる音声認識技術を活用した音声認識システムです。
会議・講演会・インタビューなどの発言を自動的に短時間かつ高精度でテキスト化することができます。
文字起こしの手間を大きく効率化させることで、担当者の業務負荷やストレスの軽減、人件費・外部委託コストの削減が実現できます。
「働き方改革」や「コスト削減」をご検討中の貴社の業務を強くバックアップします!

AmiVoice®の特長

特長1 豊富な導入実績 240社以上に導入

本システムは日本国内において累計240社以上(民間企業以外も含む 注2)に導入されております。
当社では、開発元の株式会社アドバンスト・メディアと連携し、株式会社アドバンスト・メディアの豊富な実績と確かなノウハウを活かし、お客様に寄り添った提案・サポートを実現します。



特長2 幅広い用途の音声認識に対応

音声からテキストを起こす作業であれば、業種・業界を問わずご利用いただけます。


[ご活用例]


・出版社、テレビ局、新聞社:インタビュー(取材)





  長いインタビューも短時間でテキスト化!



・一般企業:経営会議、取締役会、決算説明会





  発言者が多数でも正確に振り分け!



・大学、特殊法人:講演、セミナー





  何本もの講演があってもすぐに全文をテキスト化!



その他、地方議会、遠隔会議(WEB会議・電話会議)、動画の字幕制作などさまざまなシーンでご利用いただけます。



特長3 精度の高い認識率

AmiVoice®の音声認識エンジンはディープラーニング技術を実装しています。
ディープラーニング技術とは、機械が人間の脳の構造をソフトウェア的に模倣し、データの特徴を学習して認識や分類を行う「機械学習」の手法です。
AmiVoice®は最新のディープラーニング技術や、ディープラーニングの発展技術であるリカレントニューラルネットワークのLSTM(Long Short-Term Memory)技術をエンジンに組み込み、高い認識率を誇ります。




特長4 リアルタイム音声認識ソフト「AmiVoice Recorder」

会議にPC端末とマイクを持ち込めば、その場で音声を認識し、自動でテキスト化を行います。
会議後には、そのテキストを修正するだけで議事録が完成!
音声入力から議事録完成までの大幅なスピードアップが可能になりました。



特長5 使い勝手の良い、認識結果編集ソフト「AmiVoice Rewriter」

音声波形と音声認識結果(テキスト)を同時にPC画面に表示させながら、音声も同時に聞くことができるため、効率的にテキスト編集を行うことが可能です。
発話単位でテキスト修正が可能なため、はじめて操作される方でも操作しやすい設計になっております。
テキストの正確さを確認したり、テキストに誤りがあった場合の修正が簡単迅速にできます。

[画面イメージ]




特長6 声紋認識技術による発言者の自動振り分け

事前に発言者の声紋を登録することにより、自動で発言者の振り分けが可能です。
この機能により、担当者の負荷が大幅に軽減できます。



特長7 不要語を自動削除でさらに見やすく!

AmiVoice®では不要語カット機能により、 「あのー」「えー」「えーと」などの不要語が文字化されません。
これによりわかりやすい文章が短時間で作成可能です。


ご活用イメージ

[音声認識フロー]



[サービス紹介動画]


導入により期待ができること

働き方改革の推進

従来は、ご担当者様自身が、レコーダーで録音した音声を聞きながら 文字起こしをする必要がありましたが、AmiVoice®導入後は、短時間で正確に音声のテキスト化ができるので、ご担当者様の作業時間を大幅に短縮。
これにより、ご担当者様の業務負荷、ストレス軽減につながり、「働き方改革」の推進に役立ちます。

【作業工数削減イメージ】



コスト削減!

簡単に議事録が作れるようになるため、議事録作成を外部に委託されていた企業様でもご担当者様の負荷を増やすことなく、内製化ができるため、コスト削減が可能です。


図書印刷だからできること

・一貫したサービス提供体制

システムの提供だけでなく、マイク設備の選定から導入・保守までをワンストップで提供いたします。


・印刷物連携

音声のテキスト化だけでなく、配布資料の作成までお任せ下さい!
例えば、講演録を聴講者に配布したい場合などには、図書印刷の低部数ワンストップサービス「DSR(デジタル・ショート・ラン)」が便利です。ぜひお問い合わせ下さい。


各ソフトウェアの紹介

・音声認識ソフト「AmiVoice Recorder」

音声を録音・認識するアプリケーションです。発言内容をほぼリアルタイムでテキスト化。
主要な音声ファイル(WAV、WMA、WMV、MP3、M4A、MP4)に対応し、録音済みの音声ファイルをテキスト化することも可能です。
また、声紋情報を用いて、発言者の名前も自動表示。誰が発言したかも分かります。


・編集ソフト「AmiVoice Rewriter」

音声データを聞きながら、音声認識結果を編集できるアプリケーションです。
複数のPCにインストール可能で、Word、Excel、一太郎など、お客様の指定のファイル形式に簡単に書き出せます。


・データ管理ソフト「AmiVoice ControlServer」

会議中に、リアルタイムに議事録を作成するためのアプリケーションです。
音声認識中のデータを、複数人で同時に編集でき、いっそうの作業の短縮、効率化をはかれます。


価格

詳細はお問い合わせフォームまで





(注1)AmiVoice®は株式会社アドバンスト・メディアの登録商標です。
図書印刷株式会社は株式会社アドバンスト・メディアの正規代理店です。

(注2)2019年6月現在の実績です。