Book Information

がんと腹水治療
~ 末期がん・肝硬変 先端医療の現場 ~
松﨑圭祐/著



  • サムネイル
    末期がんや肝硬変の腹水で苦しんでいる患者さんを救う画期的な治療法、世界初の大量腹水治療法KM―CARTを開発した医師の仕事と自分史。


    • 区分
      実用書
    • 定価
      1,800円+税
    • ISBNコード
      978-4-89294-588-5
    • 寸法・ページ数
      19×13cm 198ページ
    • 対象
      一般
    • 発行
      2019年4月



目次


  • プロローグ
    ◎“腹水難民”が生み出されている
    PART1 腹水治療の現状
    ◎腹水の治療は困難なのか
    PART2 KM-CARTの開発・普及に至るまで
    ◎医学への道のり
    ◎初めてCARTを試してみる
    ◎KM-CARTが完成
    PART3 CARTの基本的な原理と仕組み
    ◎日本独自の腹水治療だったが・・・
    PAR4 KM-CARTにおける改良点
    ◎新開発における3つのポリシー
    PART5 KM-CARTの効果
    ◎がん性腹水も1リットル10分で濾過が可能
    PART6 がん性腹水の有効症例
    ◎がん性腹水が改善した8つのケース
    PART7 がん治療への活用
    ◎化学療法との併用を実践
    PART8 オーダーメイドがん治療への活用
    ◎回収がん細胞を免疫療法に
    PART9 がん性腹水に対する治療戦略
    ◎腹水治療で効果的ながん治療を
    ◎回収がん細胞を培養し抗体治療薬を
    PART10 肝性腹水とKM-CART
    ◎肝性腹水の原因
    PART11 肝性腹水の有効症例
    ◎肝硬変の腹水がここまで改善した!
    ◎大量の腹水で腎臓が潰される!
    エピローグ
    ◎KM-CARTと新たながん治療


著者紹介



  • 著者
    松﨑圭祐
  • プロフィール
    要町病院(東京都豊島区)腹水治療センター長・医学博士
    1981年広島大学医学部卒業後、同第二外科入局を経て、1982年高知医科大学(現・高知大学医学部)へ転局。1988年医学博士号取得(高性能除水装置の開発ならびに体外循環への応用、特に遊離ヘモグロビンの選択的除去に関する研究)。
    1989年財団法人防府消化器病センター勤務。1998年同研究所所長に。2003年高知医科大学臨床教授を併任。2011年要町病院(東京都豊島区)腹水治療センター長就任。

CONTACT


各種のお問い合わせはこちらから