働きやすい職場への取り組み

人財育成

図書印刷では、「豊かな好奇心」「多彩な発想力」「高い意欲」を持った人財を育成することを目指しております。
人財育成こそが会社を発展・成長させ、社会に貢献する基盤になると考えております。

  • 人財育成体系
  •  ・新入社員研修
  •  ・階層別研修
  •  ・役員研修
  •  ・各種集合教育(環境、セキュリティ、メンタルヘルスなど)
  •  ・自己啓発支援制度(通信教育、資格取得の費用補助)
  • キャリアアップ支援
  •  ・キャリアコミュニケーション制度
  •  ・ジョブリターン制度

資格取得の推進 印刷技能士の養成

ワークライフバランスの取り組み

ワークライフバランスの実現に向けて、働き方改革を推進しております。従業員の働き方やライフスタイルの多様性を尊重し、仕事と家庭の両立ができるよう、各種制度の整備や支援を行ってまいります。

  • 労働時間短縮に関する制度
  •  ・セレクティブタイム制度
  •  ・ダイバーシティ勤務制度
  •  ・時差出勤制度
  •  ・半日有給休暇制度
  •  ・時間単位の有給休暇制度
  •  ・メモリアルデー休暇制度
  •  ・年次有給休暇の計画取得制度
  • 育児・介護と仕事の両立に関する制度
  •  ・育児、介護休業制度
  •  ・育児、介護短時間勤務制度
  •  ・ストック休暇制度

健康経営の取り組み

  • 昨今、「健康経営」に対する社会的な関心は高まり、従業員の健康を重要な経営資源の一つと捉え、積極的に健康増進に取り組む企業が増えてきております。こうした社会情勢を背景に、図書印刷株式会社においても、健康経営推進のため、2017年7月24日に「健康経営宣言」を制定しました。

    図書印刷では、この「健康経営宣言」のもと、従業員とその家族が一体となり、健康づくりに推進していくことで健康を保持し、生産性を高め、企業としての永続的な発展に繋げていきます。


  • 健康経営宣言

    図書印刷は、従業員の心身の健康こそが経営基盤の重要な要素であると認識し、一人ひとりの健康の維持向上を目指した積極的な「健康経営」の推進が、事業の永続的な発展に欠かせないものと考えます。
    将来に亘り、従業員が「働きがい」を感じられる職場環境を整備すると共に、労働時間の適正化に努め、その家族を含めたワークライフバランスの充実に繋げます。
    また、従業員の健康は、企業理念に掲げる「あらゆるお客様から信頼され評価される」企業経営を行うための礎であると考え、「個の自立」と「健康づくり」を推進し、文化の向上と社会の発展に貢献します。

    制定2017年 7月 24日
    図書印刷株式会社 代表取締役社長 川田 和照