会社情報

沿革

                                   
明治44年 3月 印刷事業は広報伝達の任を負う重要な産業として、社会の文化と経済を向上させる責任をもつという信念と誇りをもって、川口印刷所を創立。
昭和18年 3月 川口印刷所を川口印刷株式会社に改組。
昭和19年 5月 帝国印刷株式会社に商号変更。
昭和21年 3月 大蔵省から管理工場の指定を受け、紙幣の印刷を開始(〜昭和24年)。
昭和22年 9月 図書印刷株式会社に商号変更。
昭和23年 5月 学校図書株式会社を設立し、教科書出版事業に進出。
昭和24年 5月 東京証券取引所に株式を上場。
昭和29年11月 製版から印刷・製本まで一貫生産できる原町工場を開設。(現 沼津工場)
昭和39年10月 東海営業部を開設。
昭和40年11月 株式会社プランニング・センターを設立。(現 クリエイティブ・センター)
昭和41年11月 名古屋営業所を開設。(現 名古屋営業部)
昭和42年 7月 大阪営業所を開設。(現 大阪営業部)
昭和45年 3月 凸版印刷株式会社と業務提携契約を締結。
昭和47年10月 港区三田に新社屋が完成、本社・三田工場の一部を移転。
昭和57年10月 関西図書印刷株式会社を設立。
昭和62年11月 本社事務所・本社営業(現 商印営業統括本部)を港区三田から港区高輪に移転。 同時に本社・営業所・工場間のデジタル通信ネットワークを構築。
昭和63年 6月 富士製本加工株式会社を設立。(現 川越工場 製本加工部)
平成元年 3月 図書製本株式会社を設立。(現 沼津工場 製本加工部)
平成 5年10月 沼津工場が(社)日本プラントメンテナンス協会より「PM優秀事業場賞」を受賞。
平成 7年 4月 神田地区の営業所を統合。(現 出版営業統括本部)
平成11年 9月 川越工場を開設。
平成13年11月 関西図書印刷株式会社神戸工場(新聞工場)を開設。
平成15年 5月 川越工場と沼津工場がISO14001認証を取得。
平成15年 9月 川越工場が、(社)日本印刷産業連合会より「環境優良工場 経済産業大臣賞」を受賞。
平成16年 4月 関西図書印刷株式会社京都工場(新聞工場)を開設。
平成17年 6月 関西図書印刷株式会社がISO14001認証を取得し、図書印刷グループの全事業所でISO14001認証を取得。
平成18年 3月 プライバシーマークの認証を取得。
平成18年 5月 FSC®-COC認証を沼津工場が取得。
平成18年 10月 FSC®-COC認証を川越工場に拡大。
平成19年 4月 株式会社トッパングラフィック王子を統合し、城北工場を開設。
平成19年 5月 日本水なし印刷協会加盟(バタフライロゴ使用許諾)。
平成20年 3月 川越工場が埼玉県における環境優良工場表彰として、
「さいたま環境賞 彩の国エコアップ大賞」を受賞。
平成20年 9月 FSC®-COC認証を城北工場が取得。沼津、川越、城北3拠点全て取得完了。
平成21年10月 図書製本株式会社が図書バインダリー株式会社と城北工場上製部を合併。
平成21年11月 新本社ビル竣工(北区・東十条)。高輪(本社)、三田、神田に分散していた事業所を統合。神田神保町に神田オフィス設置。
平成22年4月 子会社である株式会社クリエイティブ・センターを企画部門として統合。
平成22年10月 Japan Color標準印刷認証を川越工場が取得。沼津、川越、城北3拠点全て取得完了。
平成23年3月 創立100周年を迎える。
平成23年4月 読売新聞大阪本社より茨木工場の新聞印刷事業を受託。関西図書印刷株式会社茨木工場を開設し、拠点を移転。
平成23年5月 PEFC-COC認証を全社で取得。
平成24年10月 Japan Colorマッチング認証を沼津工場が取得。
平成25年3月 城北工場を廃止し、生産拠点を再編。
平成25年3月 品質管理体制の強化と業務効率の向上を目的として図書製本株式会社を合併。