WEBサイトリニューアルのタイミングはいつ?進め方や要件定義を解説

WEBサイトリニューアルのタイミングはいつ?進め方や要件定義を解説

マーケティング

WEBサイトやECサイトを開設して何年かすると、サイトのリニューアルを考える必要が出てきます。「なんだか見飽きてきた」「売上や問い合わせ件数が思ったように上がらなくなった」など、改修を考え始めるきっかけはさまざまです。WEBテクノロジーや、WEBデザインのトレンドは日々進化します。そのため、企業サイトでもECサイトでも、あらゆるサイトには賞味期限があり、いつかリニューアルのタイミングが来ます。ここでは、WEBサイトリニューアルを成功させるためのポイントとして、タイミングと要件定義について考えていきましょう。

WEBサイトのリニューアルを考えるタイミングはこの5つ

次のような兆候が現在のWEBサイトに見られたら、改修を考える時期です。

デザインが古くなった

WEBサイトが「どことなく古臭く見える」と思ったら改修のタイミングかもしれません。

流行を追いかける必要はありませんが、インターネットを閲覧する環境の変化に合わせてWEBのデザインも変化し、一般的には3年~4年くらいたつと古くなるといわれます。例えば、運営中のサイトはスマートフォンやタブレット端末から快適に見ることができるでしょうか?多くの人が利用する端末にデザインが合っていない場合には、手を入れる必要があります。

ほかにも、競合する企業がWEBサイトを新しく作り直すと、自社のWEBサイトと比較されることが増え、それがデザインを見直すきっかけとなるケースもあります。

機能が古くなった

インターネットブラウザのバージョン更新に対応できず、レイアウトが崩れてしまう、特定のブラウザに対応できなくなるというように、ブラウザ側の機能が変わることで、サイトが正常に動かなくなることもあります。これも避けられない改修のタイミングです。

例えば、かつてはサイトに動画や効果音を取り入れる場合、Adobe Flashというソフトを使うことが一般的でしたが、今はFlashが入ったWEBページは、iPhoneなどのiOSデバイスでは閲覧することができません。そして古くなったソフトウエアそのものも、2020年12月で提供とサポートが終了します。サポートが終了したソフトウエアを使ったWEBサイトは、OS側のアップデートにより動作しなくなったり、セキュリティの問題が発生したりするため、改修しなくてはなりません。

セキュリティ対策が十分でない

サイトのセキュリティ対策も日進月歩で進化しています。特に注意したいことのひとつが、WEBサイトのSSL化です。SSLはSecure Sockets Layerの略語で、インターネット上の通信を暗号化する技術です。この対策をしているサイトのURLは、従来の「http://」ではなく「https://」で始まります。

SSL化によってセキュリティ面が強化されるのはもちろんですが、それだけではありません。インターネットブラウザのChromeは、2018年7月からSSL化をしていないサイトに「保護されていません」という警告を表示することにしました。また、Googleは常時SSL化されたサイトを検索結果のランキングで優遇すると、2014年に明言しています。安全性を気にするユーザーは、SSL化していないサイトを避ける傾向があるため、まだSSL化をしていないのであれば早めの改修が必須となります。

増えた情報で構成が複雑になった

公開から時間がたち、掲載情報が増えてきたことによって、コンテンツの構成が複雑になっている場合も、改修が必要です。サイト上で情報が整理されていないと、求める情報がどこにあるのか分かりづらくなり、結果として訪問者が目的を果たす前に脱落してしまう可能性が大きくなります。情報が整理されていない場合は、WEBサイトを使いやすくするためのUI/UX設計(※)を見直し、複雑になったコンテンツの整理を行います。

※ UIとは、User Interfaceの略で画面上のフォントや購入ボタンなどの表示方法のこと。UXは、User Experienceの略でユーザーから見たサイト全体の使い心地を表します。UIやUXの設計を改善することで、ユーザーが直観的に分かりやすく、利用しやすいWEBサイトを実現することができます。

アクセスやコンバージョンが減少している

企業のサイトの場合は問い合わせや資料請求の数が、ECサイトならアクセス数や売上が減少してきたら、改修の時期が来ている可能性があります。

年数が経過するにつれて指標の数値がピークを超え、頭打ちになったり、減少していったりすることがあります。サイト内の情報やコンテンツを更新、追加しても成果が出なくなってしまったときは、前出の情報の整理を含め、ユーザビリティに問題があるのかもしれません。UI/UXの見直しを検討しましょう。

WEBサイトリニューアルの進め方

サイトの改修を決めたら、次のような手順で作業を進めます。

webサイトリニューアルの進め方.jpg

リニューアルにおいて特に重要な部分が、4の「要件定義」です。次章で詳しく見ていきましょう。

WEBサイトリニューアルのための要件定義とは?

要件定義とは、実装するべき機能や満たすべき性能などを明確にしていく作業です。この作業がきちんとできているかどうかが、WEBサイトリニューアルの成否を決めます。特にWEBサイトのリニューアルを外部の制作会社に依頼する場合は、依頼側の要望がすべて要件定義に落とし込まれていなければ、思ったとおりのサイトはできません。

要件定義のプロセス

要件定義は以下のような流れで行います。

  1. 制作担当者と打ち合わせを行う
  2. 現在の課題を洗い出し、整理する
  3. リニューアルの方向性を具体化する
  4. 社内の関係者と協議し、承認を受ける
  5. 要件定義書として文書化する

要件定義ではWEB担当者が主体となり、制作担当者と一緒にどういったサイトにするかを決めていきます。このプロセスのあとは、制作担当者に主導権が移り、実際の設計やデザインなどの業務が始まります。要件定義の段階で方向がしっかり決まっていないと、あとで大きな修正が入ることになり、コストが余分にかかってしまうリスクがあります。

また、リニューアルでは現在のサイトの問題解決をメインに考えます。人気があるコンテンツは新しいサイトに移して流用することも大切です。ドメインの変更には既存のユーザーが離れやすいといったリスクが伴うため、不用意に変えない方がいいのですが、何かドメインを変えたい理由がある場合は、制作担当に相談してみましょう。

要件定義のポイント

要件定義で、まず考えるべきなのは予算やスケジュールよりも「何をしたいのか」です。なぜサイトのリニューアルが必要なのかを明確にしてから、予算内でその目的を達成できる方法を探します。ほかにも次のことを重点的に考えます。

  • 目標:リニューアルで何を達成したいか?
  • 優先順位:何に予算と時間をかけるか?
  • ターゲット:誰に使ってもらうための改修か?
  • システム:サーバーやコンテンツ管理システムを選定する基準は?
  • 条件:予算、スケジュール、ページのボリュームなど

WEBサイトのリニューアルは誰に任せる?

サイトの改修を誰に任せるかも非常に大きな問題です。改修することで、改修前よりもWEBサイトの質が落ちてしまう失敗は意外によく起こります。経験の浅い制作担当者に任せきりで見当違いのリニューアルになってしまうと、元に戻せない場合もあるので十分に注意しましょう。

自社にサイト制作に詳しい人がいれば、社内で改修を手掛けることもできます。しかし、WEBテクノロジーやデザインの流行は変化が著しく、専門家でないとついていけないことも。そのため最近では外部の制作会社に依頼するケースが多いようです。自社でサイトの改修をする場合と、外部の制作会社に依頼する場合、それぞれのメリット・デメリットを挙げてみましょう。

自社でリニューアルする場合

【メリット】

  • 制作担当者が社内にいるため、サイトの改修に関する要望や進捗(しんちょく)状況などの情報が共有しやすい
  • 比較的コストを気にせずに改修を進められる

【デメリット】

  • 自社にWEBの制作に関する専門知識がある人がいないとできない

外部の制作会社に依頼する場合

【メリット】

  • 最新の機能やトレンドを反映した改修が可能
  • アクセスを伸ばす、コンバージョンを増やすといった、リニューアル成功のための知識や経験を持っている

【デメリット】

  • 制作担当者が社外にいるため、コミュニケーションを積極的に取る必要がある
  • 一定のコストが必要

外部の制作会社に依頼するときのポイント

外部の制作会社に依頼するときには、まず打ち合わせや相談の時間をどのくらい取ってもらえるかを確認しましょう。そして要件をしっかりまとめて、どういったリニューアルを希望するかを明確に伝えることが大切です。

また、適正なコストを知るために、数社に同じ条件で相見積もりを取ります。そこで要件に合わせた企画書が出てくるようであれば、内容と必要なコストを事前に確認しておきましょう。その制作会社が手掛けたWEBサイトを実際に閲覧して、使い勝手やデザインをチェックすることで、制作会社の強みを知る参考になります。

WEBサイトリニューアルは要件定義が決め手

サイトの開設から年数がたつと改修が必要になります。リニューアルを成功させるコツは、目的をはっきりさせ、要件定義を的確に行うことです。しっかりとした計画を持たずに場当たり的に改修を進行させるのは、失敗のもとです。コミュニケーションを取りやすい制作担当者に依頼をし、着実に取り組みましょう。

WEBサイトやECサイトの構築やリニューアルに関するお悩みなら、なんでもお気軽にご相談ください。図書印刷では、企業の経営課題や外部環境を踏まえたうえで、データに基づいた戦略プランの設計から運用までをお手伝いします。

お客様の収益を最大化させる 図書印刷のデジタルマーケティング支援サービス

digima-top-banner-L.png

オウンドメディアの新設や刷新を検討している方におすすめなのが、「【無料eBook】基礎から始め方まで簡単にわかる!オウンドメディアQ&A」です。オウンドメディアとは何か、オウンドメディア作りに失敗しないための方法などを、初心者にも分かりやすいQ&A方式で紹介しています。 

参考:

検索