ディスプレイ広告の種類や効果は?新しい顧客の獲得にも活用しよう

ディスプレイ広告の種類や効果は?新しい顧客の獲得にも活用しよう

WEB集客

「ディスプレイ広告」という言葉を聞いたことがなくても、この種類の広告を見かけたことはあるでしょう。ディスプレイ広告をうまく使えば、これまで接触していなかった新たな顧客層を開拓し、ユーザーを増やすことが可能になります。この記事ではディスプレイ広告の種類や効果について紹介します。

ディスプレイ広告とは

clm_image_internetAD_display.png

ディスプレイ広告とは、WEBサイトやアプリ上に表示される広告です。多くはWEBサイトの内容に連動した内容の広告が表示されているため、「コンテンツ連動型広告」とも呼ばれています。ディスプレイ広告をクリックすると、広告主のWEBサイトに移動するタイプの広告です。

バナーと呼ばれる画像の形で出稿されることが多いので「バナー広告」とも呼ばれていますが、静止画・テキスト・動画など、いろいろな形態があります

ディスプレイ広告はどこに表示されるのか

ディスプレイ広告は、主に次のような場所に表示されます。

  • WEBサイト

ニュースサイトや企業が運営する公式サイト、ECサイト、個人ブログなど、さまざまなWEBサイトに表示されています。内容は、商品を紹介するサイトへのアクセスを促す広告、キャンペーンや新製品などの告知などさまざまです。大きな画像や動画も多く、サイズや形態のバリエーションも豊富です

WEBサイトに表示されるディスプレイ広告には、「インフィード広告」と呼ばれるものもあります。これは、コンテンツ(フィード)とコンテンツの間に表示される広告でで、見出しや投稿の間に挟まれているため、一見普通の記事のように見えます。

  • 動画サイト

YouTubeなどで、動画を見る前に広告が表示されることがありますが、これもディスプレイ広告の一種です。ある程度閲覧してからでないとスキップできないので、必ず見てもらえます。

  • スマホアプリ

スマホで無料のアプリケーションを使っているときに、画面の上部や下部に表示されるのもディスプレイ広告です。画面が切り替わるときに表示される全画面広告もディスプレイ広告の一つです。

ディスプレイ広告の料金体系

ディスプレイ広告の料金体系には2通りあります。

  • クリック単価制:広告がクリックされるたびに料金がかかる
  • インプレッション課金制:広告が表示されるたびに料金がかかる

どちらも、あらかじめ入金した前金(デポジット)から課金額を引いていく方法が主流で、デポジットによって予算を制限することが可能です。課金額は掲載順位、WEBサイト上での掲載場所、掲載する広告の大きさ、配信のタイミング、配信地域指定などさまざまな要素で変動します。

リスティング広告について

ディスプレイ広告と混同されることがあるのが「リスティング広告」です。リスティング広告は「検索連動型広告」ともいい、検索キーワードに連動して表示される広告です。GoogleやYahoo!でキーワードを入力して検索すると、検索結果の前に「広告」というマークのついたWEBサイトが表示されます。これがリスティング広告です。リスティング広告は、購入意欲の高いターゲットに絞って広告を表示させることができます。

リスティング広告について、詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

リスティング広告とは?その概要と効果を上げるコツ|図書印刷株式会社

 

ディスプレイ広告の種類

ディスプレイ広告は、提供会社やサイズによって分類できます。

提供会社による分類

ディスプレイ広告はおもにGoogleとYahoo!の2社から提供されています。どちらかに絞らず、両方の提供会社を使っている広告主も多いです。

  • GDN(Googleディスプレイネットワーク)

Googleアドワーズ広告が広告主を募集し、幅広いWEBサイトに広告を提供しています。リマーケティング機能やプレースメント機能を活用し、ターゲットを絞って広告を表示することが可能です。

  • YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)

Yahooプロモーション広告が広告主を募集し、Yahoo系のWEBサイトに広告を提供しています。広告の掲載方法をカスタマイズでき、ターゲットを絞り込んで表示することが可能です。モバイル端末にも最適化された広告を表示しています。

サイズによる分類

ディスプレイ広告には、さまざまなサイズがあり、よく使われているのは250×250ピクセル、300×250ピクセル、120×600ピクセル、728×90ピクセル、336×280ピクセルなどです。

広告主が用意しておくべき広告は、掲載サイトや取り扱い会社によって異なります。GDNとYDNでサイズが異なったり、PC表示に向いたサイズとスマホ表示に向いたサイズがあったりするので、ディスプレイ広告を出稿する広告主は複数のサイズの画像を用意する場合があります。

最も多く使われているのは、GDNとYDNで共通で、PCでもスマホでも使える300×250ピクセルのレクタングル(長方形)の広告です。

 

ディスプレイ広告で狙えるターゲットや効果

ディスプレイ広告は、次のようなターゲットや効果を狙えます。そのため、WEBサイトへの集客やWEBサービスの利用促進のためには、ディスプレイ広告は非常に重要なものといえます。

潜在顧客へアプローチできる

ディスプレイ広告は検索キーワードに関係なく表示されるため、自社の商品やサービスを知らなかったユーザーにも認知してもらうことができます。

ディスプレイ広告が表示されるのは、多くの場合、ディスプレイ広告の内容に関係する内容のWEBサイトです。つまり、そのWEBサイトを閲覧しているユーザーは、ディスプレイ広告で表示する商品やサービスにも関心を持つ可能性が高いといえます。潜在的な顧客に商品やサービスを認知してもらえるという大きな効果が期待できます。

ターゲットを絞って広告を出すことができる

ディスプレイ広告は、さまざまな要素からターゲットとなるユーザーを絞って広告を出稿できます。これを「ターゲティング」といい、次のような手法でターゲティングが可能です。

ユーザー属性

性別、年齢、居住地域、子どもの有無、WEB閲覧に使っている端末などのユーザーの属性でターゲットを絞ることができます。育児用品、化粧品など生活に密着した商品やサービスによく使われている手法です。ユーザーの属性は、それまでのWEBサイトでの行動履歴から判断されています。

プレースメント

広告を表示するWEBサイトを指定する手法です。広告によってはWEBサイト上の表示位置も指定可能です。

プレースメントには、自動プレースメントと手動プレースメントの2種類があります。自動プレースメントは、GDNやYDNが関連性の高いWEBサイトを選択して自動的に広告を表示する手法です。手動プレースメントでは、広告主がディスプレイ広告を表示したいWEBサイトを絞り、その中でディスプレイ広告を表示します。

インタレストカテゴリー

ユーザーの興味関心にあわせて広告を表示する手法です。広告主がカテゴリーを指定し、GDNやYDNはそのカテゴリーに興味があるユーザーにディスプレイ広告を表示します。ユーザーの興味は、それまでの行動履歴をもとに判断されます。

トピック

GDNではトピック、YDNではサイトカテゴリーの中から選択して、特定のカテゴリーに関するWEBサイトに広告を表示する手法です。商品やサービスに関連するトピックを指定することで、興味のあるユーザーにリーチすることが可能です。

リマーケティング

GDNではリマーケティング広告、YDNではリターケティング広告といいます。これは、一度商品やサービスの公式サイトやランディングページを閲覧したことのあるユーザーに向けて、再度広告を表示する手法です。一度WEBサイトを閲覧しているということは、商品やサービスに興味があるユーザーだと判断されています。

サーチターゲティング

YDNでは、サーチターゲティング配信という手法も使われています。リスティング広告と同じように、ユーザーの検索キーワードをもとにしてディスプレイ広告を配信する手法です。ディスプレイ広告に関係のあるキーワードを検索しているということは商品やサービスに興味があるユーザーであると判断されています。キーワードは自由に設定可能です。

大量のユーザーに表示できる

ディスプレイ広告は、ターゲットの属性選定と予算次第で、多くのWEBサイトに表示して、大量のユーザーへ配信できます。ユーザーがWEBサイトを閲覧しているあいだ中、ディスプレイ広告も表示されているので、長時間、目に触れられます。

レスポンス広告として利用できる

レスポンス広告とは短期間で直接的にコンバージョン(商品購入や資料請求、問合せなど)を獲得するための広告です。ターゲットを絞り込んだディスプレイ広告は、ダイレクトに反応が得られ、コンバージョンに至る確率も高いため、レスポンス広告としても利用できます。

ブランディング広告として利用できる

ブランディング広告とは、認知度や好感度といったブウランディングに関する指標の数値向上につながる広告です。ターゲットをあまり細かく絞り込まずに幅広いユーザーに広告を表示することで、商品やサービス、企業自身の認知度などを上げることができます。

 

ディスプレイ広告は目的を明確にして使おう

ディスプレイ広告は、潜在顧客層の掘り起こしやコンバージョンの獲得、ブランディングなどいろいろな使い方ができます。しかし、一つの広告ですべての役割を果たすわけではありません。どういう目的で誰に広告を配信するのかによって、作成する広告のデザインやコピーも大きく異なります。目的やターゲットをはっきりさせてから広告を作っていきましょう。

図書印刷では、お客様の収益を最大化させるデジタルマーケティング支援サービスを提供しています。ディスプレイ広告についても、設計、デザイン制作から運用までお任せいただけます。

お客様の収益を最大化させる 図書印刷のデジタルマーケティング支援サービス

digima-top-banner-L.png

ディスプレイ広告を含め、WEB広告全般に興味をお持ちの方、始めてみたいという方に。図書印刷では、はじめてのWEBマーケティングを支援する広告運用代行サービスを行っています。WEB広告が初めての方でも効果的な集客ができるようにサポートさせていただきます。詳しくは下記をご覧ください。

はじめてのWEBマーケティングを支援する広告運用代行サービス

 

参考:

検索