SNSマーケティングとは?期待できる5つの効果と注意点を解説

マーケティング

業種を問わず、企業にとってSNSを活用したマーケティングは欠かせないものとなってきています。しかし、今ひとつやり方がわからないというマーケティング担当者も多いのではないでしょうか。この記事では、SNSをマーケティングに活用したくても、どこから始めたらいいのかわからないという企業のために、SNSマーケティングの基本を紹介します。

SNSマーケティングとは

SNSマーケティングとは、SNS(Social Networking Service)を利用したマーケティングです。

SNSで直接的に商品やサービスを宣伝することだけが、SNSマーケティングではありません。SNSを活用することで、商品やサービスの認知度を上げたり、好感度を高めてブランディングしたり、顧客とコミュニケーションを行ったりなど、さまざまなマーケティングが可能です。最近では、投稿から直接、商品購入ページに誘導して商品を販売できるSNSもあります。

SNSマーケティングを導入すべき3つの理由

BtoC、BtoBを問わず、企業にとってSNSマーケティングが効果的といえる理由を、以下に3つ説明します。

スマートフォンが普及し、SNS利用者数が増えている

スマートフォンの普及と回線の高速化にともない、SNSのユーザーは爆発的に増加しました。SNSは、商品やサービスの情報を収集するためのツールの1つとして活用されています。SNSを経由してWEBサイトへアクセスするユーザーも増えています。

ユーザーと直接コミュニケーションできる

SNSを使えば、小売店や卸売を通さず、直接ユーザーとコミュニケーションができます。そのため、コミュニケーションのスピードがアップし、相互の理解が深まり誤解も少なくなります。

SNSマーケティングの効果は、これからも拡大することが予測できる

SNSユーザーの増加とコミュニケーションのスピードアップの相乗効果で、SNSマーケティングによる効果はさらに高まることが期待できます。

 

SNSマーケティングの効果

SNSは、マーケティング活動のあらゆる段階で利用できます。例えば、企画段階における消費者の需要や市場規模などの情報収集、商品やサービスの認知、さらに購入後のサポートなどです。特に大きな効果を発揮するのは、次のような部分です。

企業やブランドの認知度向上

SNSでは、自社の公式アカウントを設置すれば、そこから商品やサービスの情報を適宜投稿できます。SNSの運用はテレビCMや新聞に出稿する広告よりも低コストなうえ、自由な頻度やボリュームで情報を発信することが可能です。

さらに、SNSは、投稿がシェアされることで、情報が拡散していくという特長があります。ユーザーがシェアしたくなるような魅力的な投稿をする必要がありますが、「インフルエンサー」と呼ばれるような影響力のあるユーザーにシェアしてもらえれば、より多くのユーザーの目に触れて大きな効果を発揮するでしょう。

インフルエンサーマーケティングについては、次の記事でも詳しくご紹介しています。

インフルエンサーマーケティングとは?効果を出すポイントと事例|図書印刷株式会社

ブランディング

SNSでは、商品やサービスそのものだけでなく、それらを販売している企業やブランドのイメージアップを図ることもできます。

自社はどんな企業なのか。商品開発のコンセプトやエピソードはどのようなものか。ほかにはどんな商品やサービスがあるのか。このような内容の投稿を重ねてユーザーにじっくりと伝えていくことで、企業やブランドへの興味が信頼感へと変わっていきます。

ロイヤリティの向上

SNSで企業への信頼を高めることができれば、リピーターやロイヤルカスタマーの増加にもつながります。さらに、ロイヤリティが向上した顧客は、SNSの投稿のシェアや友人への口コミなどにより新たな顧客開拓へとつなげてくれることも多いため、ロイヤリティの向上は長期的な利益を企業にもたらします。

ユーザーとのコミュニケーション

SNSではユーザーと直接コミュニケーションを取れるので、ユーザーと企業との距離が近くなります。既存の商品やサービスへのコメント、こんなものが欲しいというコメントを、マーケティングや商品開発に活かすことも可能です。クレームも届きますが、ユーザーの本音を聞くことができる場といえます。

顧客情報の獲得

SNSでは直接顧客と接することで、商品やサービスがどんな顧客に使われているのかを知ることができます。さらに、他の投稿を参考にすれば、自社のユーザーはどのような年代・性別に属し、どのようなことに興味があるのかなど、細かな顧客情報を獲得することも可能です。

 

SNSマーケティングに使われるSNSの特性

SNSマーケティングによく使われるSNSは、Twitter、Facebook、Instagram、LINEなどです。それぞれターゲットとするユーザーや活用方法が異なるので、自社の商品やサービス、さらにSNSマーケティングの目的に合わせて使い分ける必要があります。

Twitter

Twitterは140文字という短い文章を投稿できるSNSで、10代からシニアまで老若男女幅広い層のユーザーがいます。また、リアルタイム性が強くマスコミに取り上げられることも多い、拡散力の大きいSNSです。投稿のハードルが低く、ユーザーとのコミュニケーションも気軽に取ることができますが、インパクトのある投稿が炎上しやすいというリスクもあるでしょう。

プロモーションツイートは有料ですが、通常の投稿は企業アカウントでも無料で利用可能で、人気の企業公式アカウントもたくさんあります。

Facebook

日本でのユーザーは30~50代が多く、比較的年齢層が高いのが特徴です。実名利用で学歴や会社名なども登録していたり、リアルに接している人ともつながっていたりするなど、フォーマルな場として利用しているユーザーも多いです。ユーザーの年齢や職業、趣味を把握しやすいため、広告媒体などのビジネス目的に使いやすくなっています。

広告は有料ですが、通常の投稿は企業アカウントでも無料で利用可能です。ビジネス用には、企業向けのFacebookページを利用することもできます。

Instagram

若い女性ユーザーが多く、写真や動画の投稿がメインです。「インスタ映え」は流行語にもなりました。アパレルや食品など、見た目の美しい商品やサービスに向いています。特徴的なハッシュタグ(「#」を付けたキーワード)の使い方がアクセスを集めるポイントです。

最近は投稿からECサイトに誘導できるショッピング機能も追加され、企業アカウントの利用が増えています。広告機能は有料ですが、通常の投稿や「ビジネスプロフィール」という企業向けの機能は無料で利用可能です。

LINE

友人間や家族間での連絡などにも使われるため、10代からシニアまで老若男女幅広い層のユーザーがいます。拡散力は低いものの、ユーザーに直接メッセージが届くので、公式クーポン配布やセール情報の告知、ユーザーサポートなどにも利用可能です。

企業公式アカウントからの利用は有料となります。LINEでは決済サービスのLINE Pay、求人情報サービスのLINEバイト、ブログサービスのLINE BLOGなど、さまざまなサービスを展開しているのも特徴です。自社の商品やサービスに合わせて必要なサービスを利用し、LINEのトークを起点に展開できます。

SNSマーケティングを行うときの注意と対策

SNSマーケティングには大きな効果が期待できますが、トラブルもよく起こるものです。注意点を押さえて、対策を考えておきましょう。

コンテンツの魅力がなければ効果がでない

公式アカウントからの情報発信は重要ですが、プレスリリースのような一般的な投稿だけでは大きな拡散は望みにくいといった面もあります。ユーザーの目を引き、シェアしたいと思われる投稿にするため、投稿の内容やタイミングを工夫する必要があります。

一方的な宣伝活動には向いていない

SNSでは、企業の公式アカウントからの発信は歓迎されますが、一方的な宣伝活動のみではユーザーに受け入れられにくくなるでしょう。さらに、一度反感を買うと炎上しやすくなるものです。

SNSでは、ユーザーに役立つ情報など、宣伝以外の投稿も行い、ユーザーとこまめにコミュニケーションを取ることで信頼関係を構築することが重要です。それがユーザーのロイヤリティにつながります。

継続して運用するのが大変

企業の公式アカウントからの投稿は、いろいろな制約をクリアするために手間がかかることがあります。しかし、投稿が少なすぎたり、どのSNSでも同じ内容だったりすると、ユーザーが飽きてしまいます。飽きられないためには、定期的に内容に工夫のある投稿を行わなくてはなりません。

公式アカウントの運用は頭を使い手間もかかる仕事のため、専任の担当者の育成が必要です。社内での運用が難しい場合には、外部の支援を受けて運用するという方法もあります。

SEO効果は少ない

GoogleやYahoo!の検索からSNSの投稿に流入することもありますが、検索結果では公式WEBサイトが優先されたり、古い投稿は表示されなかったりします。そのため、GoogleやYahoo!の検索結果からの流入はあまり期待できません。

しかし、SNS内で検索すれば過去の投稿も効率的に見ることが可能です。SNSでの投稿は、基本的にSNS内での検索やシェアを通して広がっていくものと考えます。ハッシュタグを活用してSNS内で見つけてもらいやすいように工夫しましょう。

炎上のリスクがある

SNSでは、大企業の公式アカウントでも簡単に炎上してしまいます。原因は、公式アカウント担当者の誤操作、投稿や顧客へのコメントの内容、従業員やアルバイトの不適切な投稿などさまざまです。一度炎上が起こってしまうと悪い企業イメージが拡散されてしまい、信用を失うことにもつながりかねません。

SNSマーケティングを行うなら、担当者だけでなく全従業員にネットリテラシーの研修を行ったり、運用ポリシーを明文化したりして炎上を防ぎましょう。クレームや炎上への理想的な対応もあらかじめ準備しておくと安心です。

 

SNSマーケティングはこれからの広告には欠かせない

SNSマーケティングは、直接顧客とつながり、コミュニケーションができるのが大きな特徴です。商品やサービスの認知度向上に限らず、ブランディングやロイヤリティの向上や顧客情報の獲得など、さまざまな効果が期待できます。しかし、企業やWEBサイトのイメージダウンや炎上にもつながるリスクもあります。SNSマーケティングのメリットやデメリットを踏まえたうえで、SNSをうまく活用して成果を上げましょう。

図書印刷では、お客様の収益を最大化させるデジタルマーケティング支援サービスを提供しています。SNSの運用によるエンゲージメントの向上を支援するほか、SNSの投稿内容の分析(テキストマイニング)とマーケティング施策の立案も可能です。デジタルマーケティングに関するお悩みがあれば、当社までお気軽にご相談ください。

マス広告の届かない若年層対策を行いたい こんなお悩みありませんか?|図書印刷株式会社

図書印刷の「デジタルマーケティング支援サービス」の特長|図書印刷株式会社

digima-top-banner-L.png

参考:

 

検索